早稲田大・重信慎之介選手に巨人、東北楽天が高評価、ドラフト指名候補に

大学野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2015年大学野球秋季リーグニュース 巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東京六大学が開幕、早稲田大は苦しみながらも重信慎之介選手の勝ち越し2ランホームランで勝利した。重信選手には巨人、東北楽天スカウトが高い評価を示した。

50m5.8秒の足

 重信慎之介選手は173cmの外野手で、50m5.8秒の足があり、2014年秋に打率.404を記録すると、この春も打率.313を記録し安定した打撃をみせ、早稲田大の不動の1番打者として活躍している。この日は7回表に東大に1点を先制されるいやな展開だったものの、その裏に重信選手がライトスタンドに勝ち越しのホームランを放ち勝利した。

 重信選手にはプロのスカウトも高い評価をしており、巨人の榑松伸介スカウトは「足はうちの鈴木尚クラス。打撃も長打が出るようになってきた」と話すと、東北楽天・沖原スカウトも「足も肩もある。赤星タイプだが、パンチ力は赤星以上」と評価した。

 重信選手はこのオフに、早稲田大出身で小柄ながらもメジャーリーグで活躍をしている青木宣親選手に会い憧れの存在、そして青木選手を追い、プロ志望届を提出する予定だという。リードオフマン候補は青木選手のようにドラフト4位あたりで指名されそうだ。注目したい。

 

丸子達也選手もダメ押し弾

 また早稲田大は8回に丸子達也選手がダメ押し弾を放った。丸子選手もこの春にブレークしプロが追い続けている選手で、進路に注目される。また茂木選手は3番サードで出場したものの3打数ノーヒットに終わった。

2015年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

決勝の右越え2ランを放った重信は「走者を還そうという気持ちだった。うまく反応できた」と振り返った。OBの青木(ジャイアンツ)と同様、左手は革手袋を使用しない1番打者を、巨人・榑松伸介スカウトは「足はうちの鈴木尚クラス。打撃も長打が出るようになってきた」と評価していた。

「同点だったので、走者をかえそうとつなぐ意識だった」。1メートル73、67キロの右投げ左打ち。同じく小柄なOBの青木(現大リーグ・ジャイアンツ)が目標で、プロ志望届を出す方向だ。視察した楽天・沖原スカウトは「足も肩もある。赤星(元阪神)タイプだが、パンチ力は赤星以上」と評価していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 阪神の投手なら、せいぜい年間3勝、打者は2割、3HRのような中途半端なドラフトは、もうやめないと、また暗黒時代が訪れる。甲子園で長打が望めないなら、赤星のような俊足を数名獲得し、育て、飛ばせないなら走れるように徹底する必要がある。そして今年もセンターが固定できなかった。ならば、一発で埋まるのが明治の高山選手じゃないのか。年間1勝できるか出来ないかのドラ1投手より、年間115試合は先発晴れそうな高山で決まりでは。そして4位で快速重信。実際に神宮で3塁打を見た。ピノ並みの俊足かつパンチ力ある打撃。素直に東6から即戦力で良い。且つで、今岡、関本、浜中と野手で3位までの年、野手で成功した。1位高山、2位平沢(無理そう。ダメなら茂木)3位近藤、岡田、桜井で残っている投手、4位重信、5位吉持(大商大・内野手)、6位投手、7位宇佐美捕手、8位横尾 阪神、また、小粒に走るのかなぁ…。 高山、茂木、1、2番でいけるくらいなのにな。