甲子園ベスト8、木更津総合・大沢翔捕手が専修大体育寮に入寮

専修大, 大沢翔

専修大に入学する木更津総合の大沢翔捕手が入寮を済ませた。甲子園で戦った選手たちがプロ入りする中で、「自分も4年後は」と話す。

早川と対戦したい

大沢捕手は木更津総合では1年生の時から早川隆久投手をリードし、3年時は春夏連続で甲子園に出場、共にベスト8入りするなど高校を代表するバッテリーだった。コントロールが良く、鋭い変化球を投げる早川投手をリードし、変化球を止めてきた。「一番自信を持っているのは、捕手としてのフットワークとリード。」と自信を見せる。

千葉県で対戦した東海大市原望洋の島孝明投手や、甲子園で対戦した広島新庄・堀瑞輝投手、作新学院・今井達也投手がプロ入りし、「自分も4年後は、という気持ちになる」と4年後のドラフト会議での指名に向けての思いを話し、そのためにまずは「いいスタートを切りたい気持ちがある。春からベンチに入りたい」と意気込みを語った。

早稲田大に進学する早川投手について今度は対戦相手となるが、「真っすぐ1本に張っていく」と話し、対戦も楽しみにしていた。

専修大では前橋育英の佐藤優人投手や関東第一の佐藤奨真投手、旭川実の145キロ右腕・陣翔大投手なども入学する。多彩な投手をしっかりとリードし、リーグ制覇や大学日本一を達成して堂々のプロ入りとなってほしい。4年後のドラフトでは早川投手と共に指名されることを期待したい。

専修大がスポーツ推薦合格発表、前橋育英・佐藤優人投手、明豊・大庭樹也選手など16人が合格

昨年初めは高校で野球を辞めることも頭にあったが、センバツで結果を残し「自信につながった」と、大学でのプレー続行を決めた。同じ千葉の東海大市原望洋・島(ロッテ3位)、甲子園で戦った作新学院・今井(西武1位)や広島新庄・堀(日本ハム1位)ら身近な同級生がプロ入りした姿に「自分も4年後は…という気持ちになる」と刺激を受ける

大学では対戦相手となる早川との勝負に向け「真っすぐ1本に(ヤマを)張っていく」と意気込んだ。


PAGE TOP