早川隆久投手が早稲田大練習に参加

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

早稲田大に入学予定の木更津総合・早川隆久投手が練習に初参加した。4年後はプロ入りを目指すが、中学校の教師の夢も話した。

U18代表投手で唯一の進学

早川投手は木更津総合で1年生の時からエース格として登板し、2年春、3年春、夏の3度の甲子園に出場、3年時はともにベスト8まで勝ち進んだ。また昨年はU18代表の選出され、中国戦で2回ノーヒット4奪三振とパーフェクトに抑えた。U18投手陣では今井達也投手、寺島成輝投手、藤平尚真投手、堀瑞輝投手がドラフト1位で、また高橋昂也投手、藤嶋健人投手、島孝明投手もドラフトで指名され、早川投手以外は7人全員がプロ入りしたが、早川投手は壮行試合で大学代表に初回に5失点した事で、「大学日代表と対戦しレベルの違いを感じた」と話し、「文武両道で大学の4年間をコツコツとやっていきたい。」と進学を決めた。

そして「そういうメンバーと、4年になって当たればと思う」とプロに進んだ7人と4年後にプロ入りして対戦する事を目指し、また「自分もしっかりやって、4年後はあの舞台に立ちたいと気持ちを奮い立たせている」とキャンプなどで報道されるチームメイトに対して気持ちを奮い立たせていた。

プロ入りの目標を示したものの、早川投手は中学教師の夢もある。「しっかりと教えて高校や大学に恩返しをできるような育成をしたい」と話す。まだ将来のことはわからないが、まずはしっかりとプロを目指し、パワーアップや変化球を磨いてほしい。球のキレやコントロールがあることから、小島和哉投手のように1年生から投げれてしまうかもしれないが、そこは1年間はそういう事に時間を使ってほしいと個人的には思う。

早稲田大がスポーツ推薦合格発表、木更津総合・早川隆久選手に197cm左腕も

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨夏の侍ジャパン高校代表の一員だった早川は「(壮行試合で)大学日代表と対戦し、(痛打され)レベルの違いを感じ、文武両道で大学の4年間をコツコツとやっていきたい。そういうメンバーと、4年になって当たればと思う」と今後の抱負を語った。

プロ志望届を提出せず、大学進学した早川は連日、プロの春季キャンプでの様子が伝えられる同学年に刺激を受け、「自分もしっかりやって、4年後はあの舞台に立ちたいと気持ちを奮い立たせている」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント