明治大が沼津キャンプ開始、斉藤大将投手や新人も参加

斉藤大将, 明治大, 市岡奏馬, 石毛力斗

明治大が沼津キャンプを開始し、今年のドラフト候補・斉藤大将投手が100球の投げ込みを行った。また市岡奏馬投手、石毛力斗投手、清水風馬捕手などの新人も参加した。

プロ入り続くか

明治大学は2010年の荒木郁也選手(阪神ドラフト5位)以降、毎年プロ入り選手が続いている。そして2011年には野村祐輔投手など3人、2012年は上本崇司が広島ドラフト3位、2013年は岡大海選手が北海道日本ハムドラフト3位で指名された。また、2014年は山崎福也投手がオリックスドラフト1位、2015年は高山俊選手(阪神)、上原健太投手(北海道日本ハム)がドラフト1位で指名され、坂本誠志郎捕手が阪神2位で、そして2016年は柳裕也投手が中日のドラフト1位と、3年連続でドラフト1位指名選手が出ており、昨年は星知弥投手(東京ヤクルト2位)、佐野恵太選手(横浜DeNA9位)、中道勝士捕手(オリックス育成5位)と4人が指名されている。

そして今年も水野匡貴投手、斉藤大将投手、竹村春樹内野手など、ドラフト候補選手として何人かの名前が挙げられている。

左腕の斉藤投手はこの日、10球投げるごとに両翼ポールを走るPP走を5セット行い、ブルペンでも100球の投げ込みを行った。PP走について善波監督は「3連投できるスタミナ養成と、走者として全力で走った後の登板を想定」と話す。野村投手や柳投手なども行っていたメニューをこなし、斉藤投手もプロ入りで続く。

新人も参加

また明治大はレギュラーを張ってきた選手が抜けるが、また大きな戦力が加入する。作新学院の4番・入江大生選手や横浜高のスラッガー・公家響選手、二松学舎大付で1年生からマスクを被った今村大輝選手、そしてプロも注目した市岡奏馬投手など、充実した新人たちがポジションの穴をねらう。

善波監督はこの日、市岡投手と石毛投手を見て、「ピッチャーの2人はコントロールがいいし、まとまっているので面白い存在です」と評価した。上級生の投手次第では1年目からエースを任される投手も出てくるかもしれない。

これからもプロ入り選手が連続していくか、まずはこの沼津キャンプからスタートする。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

斉藤は、初日からブルペン入りし、100球投げ込んだ。ルーキーでは龍谷大平安・市岡奏馬投手(3年)、健大高崎・石毛力斗投手(3年)、常総学院・清水風馬捕手(3年)が参加。善波監督は「ピッチャーの2人はコントロールがいいし、まとまっているので面白い存在です」と話した。


PAGE TOP