白鴎大、新2年生の大下誠一郎選手が主将に就任!

白鴎大, 大下誠一郎

白鴎大は今年2年生になる大下誠一郎選手が主将となることが分かった。大山悠輔選手の後を受け継ぐ。

新2年生を抜擢

黒宮監督は2年生の大下選手を主将に抜擢した理由について、「プロはサッカーも野球も年長がキャプテンではないし、学年の上下関係が少なくなった大学で、1年春から3番の大下を核にと考えた」と話し、大下選手が入学したときからチームの核として考えていたようだ。

大下選手とは?

大下選手は白鴎大足利高校出身だが、福岡県出身で地元のボーイズでプレーし、その代表として世界大会でエースとして優勝投手となっている。多くの高校から勧誘もあったが、白鴎大足利の藤田監督が何度も福岡に足を運び、その熱意にうたれて白鴎大足利に進学する。

すると1年生の秋には主軸として活躍し翌年春のセンバツでチームを甲子園初出場に導いた。その後も主軸として活躍しチームを引っ張った。白鴎大に進むと1年生の秋には打率.310、9打点、1本塁打を記録、一塁手でベストナインに選ばれる活躍を見せ、実力の高さを見せていた。

異例な大役を任された大下選手は、「大山さんのあとを継ぐのは自分しかいないと思っている」と話し、2年生主将として意気込みを見せた。

身長は高くないが大きなスイングが特徴、その特徴を生かしてプロ野球選手としても大山選手に続いてほしい。

白鴎大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

白鴎大足利高2年時のセンバツで1試合4二塁打の新記録を樹立し、白鴎大に進学。昨秋は打率・310、9打点、1本塁打で一塁手のベストナインになった大下は「(阪神D1位の)大山さんのあとを継ぐのは自分しかいないと思っている」と意気込みを明かした。


PAGE TOP