155キロ右腕・仙台大の馬場皐輔、10球団以上が注目するドラフト1位候補

仙台大, 馬場皐輔

最速155キロの速球を投げる仙台大の馬場皐輔投手には、10球団以上から調査書が届く、今年のドラフト注目選手の一人。ドラフト1位候補としてスポーツ紙も注目をしている。

2紙で特集

日刊スポーツとスポーツ報知では、ドラフト1位候補選手の特集が始まっているが、この日は2紙が同時に馬場皐輔投手のことを取り上げた。

馬場投手は仙台育英時代から140キロ後半の速球と鋭く曲がるスライダーに注目されていた。仙台大でも1年生の春のリーグ戦で勝ち星を挙げるなど頭角を見せていたが、速球にこだわり過ぎて「良い球と悪い球がはっきりしていた」という。

馬場投手はそこから進化をしていく。仙台大のコーチを務める元千葉ロッテの坪井俊樹コーチから指導を受け、155キロの速球を生かすための変化球の使い方を教わり、120キロ台のフォーク、130キロ台の縦のスライダー、140キロ台のスプリットを再点検し、この夏にフォームを固めた。

制球についての課題が以前より指摘されていたが、坪井コーチより「ベースの上で勝負しろ」と指導を受け、落ちる球と真っすぐでストライクゾーンで勝負する事ができるようになり安定した。

この秋は馬場投手の集大成となる投球を見せている。5試合37回を投げて被安打15、2失点、奪三振は60を数えた。「この秋は縦のスライダーでカウントを取れるようになって投球の幅が広がった」と話した。

スカウトの評価も上昇している。この秋の投球に、東北楽天の上岡スカウトは「力だけに頼らず丁寧に投げ分けられるようになった」と評価する。10球団以上からの調査書が届いているようで、ドラフト上位候補としてドラフト会議に臨む。

1位指名が確実とは言い切れないものの2位までには確実に指名されるとみられる。

2017年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

155キロの直球と多彩変化球で三振獲りまくる スポーツ報知紙面 2017/10/21
155キロ速球&7種変化球で奪三振率14.6 日刊スポーツ紙面 2017/10/21

PAGE TOP