今年は日体大イヤーに、松本航投手、東妻勇輔投手がプロ入りへ意気込み

松本航, 東妻勇輔, 日本体育大

昨年秋の明治神宮大会チャンピオン、日体大のドラフト候補・松本航投手、東妻勇輔投手は、今年のドラフト会議に向けての意気込みを示した。

ドラフト上位候補

最速150キロのエース・松本航投手と、最速152キロの東妻勇輔投手は、来年のドラフト上位候補だ。

松本投手は昨年は侍ジャパン大学代表としてユニバーシアードに出場し、昨年のドラフト会議で1位指名された東克樹投手や斉藤大将投手と一緒にプレーをした。それについて「日本代表メンバーの方がプロに行ったのは、僕も目指したいという再確認になった」と話し、「高校のときはプロは雲の上だったけど、目指さなきゃいけないところ。」とプロ入りを目指すことを明らかにした。

また東妻投手は明治神宮大会決勝で、星槎道都大を2安打完封し、秋はエースの働きを見せた。東妻投手も「プロに行くのではなくプロで活躍するのが目標」と話し、プロ入りだけではなく、1年目から活躍できるための準備をすることを明らかにした。そして、「左右どちらの打者にも内角に変化球を使えれば、もう少し三振を取れる」と話し、さらに上のピッチングを目指す。

今年はどこの年に

ちなみに来年のドラフト1位候補は、いくつかのチームに固まっている感じになっている。大阪桐蔭に根尾昂選手、藤原恭大選手、東洋大に甲斐野央投手、梅津晃大投手のドラフト1位候補がおり、大阪桐蔭の年になるか、東洋大の年になるか、または松本、東妻の日体大の年になるか。

ドラフト1位指名が同一チームから複数出る事は、明治大や早稲田大など選手が集まってくるチームではあることだが、やはりすごい事だと思う。今年はどこのチームがドラフトの中心になってくるのか注目したい。

もちろん二人の目標はプロ入りだけでなく、チームのリーグ戦連覇、そして大学野球選手権の優勝という事になる、ライバルの東海大や全国の大学を倒し、日体大の年にする。

2018年度-大学生投手のドラフト候補リスト

松本は昨夏のユニバーシアード日本代表。昨秋ドラフト1位でDeNA入りした立命大・東、同じく西武に進んだ明大・斉藤らとプレーした。明石商では甲子園経験がないが「高校のときはプロは雲の上だったけど、目指さなきゃいけないところ。日本代表メンバーの方がプロに行ったのは、僕も目指したいという再確認になった」と気合を入れる。


PAGE TOP