中日、大阪桐蔭の根尾昂選手に二刀流プラン

大阪桐蔭, 根尾昂, 中日

中日は、今年のドラフト会議で1位指名を狙う大阪桐蔭の根尾昂選手について、獲得した場合、二刀流で育成するプランがあることが分かった。

ドラフト1位候補

中日は中田スカウト部長が来年のドラフト会議で、大阪桐蔭の根尾昂選手の獲得を目指すことをすでに明らかにしている。地元出身の選手という事もあり、また打者でも投手でも高い評価をしている。

中田スカウト部長はその根尾選手について、「本音で言うと両方いける。最終的には本人次第だが、当然2つともやらせたいというのがある」と話し、投手と野手の二刀流で育成していくプランを明らかにし、また野手であれば「遊撃手」として育てる事も明らかにした。大谷翔平選手も野手の場合はDHに専念する事になったが、根尾選手は遊撃手が中心に、マウンドにも上るような起用を想定しているようだ。

中日は遊撃手では京田陽太選手が新人王を獲得したばかりだが、その京田選手のライバルとして根尾選手を育てていく。

中田スカウト部長は、「中学時代からずっと注目していた。ぜひともプロを志望してほしい」と話し、飛騨高山シニア時代から注目していたと話した。2018年、中日のドラフトは根尾選手を中心に動いてくことは間違いなさそうで、秋までにチーム状況が大きく変わったり、ドラフト候補で大きな変動が無い限り、根尾選手がプロ志望をすれば指名をすることになりそうだ。その順位が1位でなければ獲得できないのか、2位でも行けるのかがポイントになってくるが、今のところは1位でなければ獲得できない可能性の方が高い。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

中田宗男スカウト部長(60)は「本音で言うと、(投手も野手も)両方いける。最終的には本人次第だが、当然(投打の)2つともやらせたいというのがある」と本人が希望した場合、二刀流の育成方法や起用法で応えると明言した。さらに「(野手なら)遊撃手」と、DHに専念した大谷と違い、最もハードな守備位置も任せられると持論を展開した。


PAGE TOP