横浜高・万波中正選手、打撃の開花みせるか

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

中学時代や高校1年時に輝く活躍を見せた横浜高・万波中正選手だったが、昨年は特に打撃で苦しんでいる姿を見せた。ドラフトを迎える今年、打撃の本当の開花を見せることができるか。

挫折と甘さ

190cm93kgの身体があり、投げては146キロを記録、打っても1年生夏の神奈川大会で、横浜スタジアムのバックスクリーンに推定135メートル弾を打った万波中正選手、これだけの素質と結果を見せれば、やはり少し甘くなってしまう事はあるのだろう。「1年の時に結構打って、プロに行けるかなと思っていましたが、考えが甘かった」と話した。

2年生になるとチームは甲子園出場を決めたが、万波選手は神奈川大会決勝で5三振を喫し、打席の中でガックリと肩を落としていた。バットに当たらなくなり、現在ではバッティングよりも投手として評価する声も挙がっている。秋はチームは鎌倉学園にコールド負けでセンバツ出場も消えた。昨年1年を振り返り、「打てないことを相手のせいにしていたところがありました。全部実力不足だった」と自分を見つめなおしている。

強い気持ち持てるか

万波選手については中学時代の話もかなり聞くが、能力が高く家庭も豊かだったこともあり、かなりヤンチャな所があった。横浜高校で伝統や監督コーチ陣から厳しく指導されればよいと思っていたが、渡辺監督が退任し現在はやや選手の自主性に任せるようなスタイルになっているようで、甘い所が出ている印象がある。

それでも万波選手は、「前はオフは遊びたいなと思っているところがありましたが、自分の人生かかっている。一切休まないぐらいでいきたいと思います。」と話し、焦りのような、今年の意気込みを見せた。

高校通算28本塁打の長打力があり、そして147キロの速球を投げる。しかし残る高校野球は春季大会と夏の大会のみ。そこでアピールできなければ、現時点でプロ野球選手に確実になれるという選手ではない。「自分の残りの高校野球は、もう少ししかない。春まであと4カ月です」と話した。

現在はチーム内でひときわ大きな声を出し、チームを引っ張る存在になっているという。「増田さんからは野球を楽しむことを学びました。今、自分も野球がめっちゃ楽しいです」と話す万波選手、来年春の開花を待ちたい。

2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

今秋の神奈川大会では鎌倉学園にコールド負けを喫し、来春のセンバツ出場は不可能に近い。甲子園出場へ、残すは来夏のみになった。「打てないことを相手のせいにしていたところがありました。全部実力不足だった」。春に結果を出すことが夏へ、そして自分の将来へつながると、やっと気付いた。

 この冬はオフも返上し、トレーニングに励む。「前はオフは遊びたいな…と思っているところがありましたが、自分の人生かかっている。一切休まないぐらいでいきたいと思います。自分の残りの高校野球は、もう少ししかない。春まであと4カ月です」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント