近大3年・谷川刀麻投手が初先発初勝利、阪神、日本ハム、ソフトバンクなど4球団視察

近畿大, 谷川刀麻

来年のドラフト候補、近畿大の二刀流・谷川刀麻選手が、投手としてリーグ戦初先発し、勝利を収めた。

10安打5失点

谷川刀麻投手は星稜高校時代に、140キロ中盤の速球を投げ、打っても抜群の打撃センスを見せており、プロからも二刀流として注目されていた。大学でも外野手として登録されているが、投手としても登板をしている。

そしてこの日はリーグ戦初先発をすると、味方が2回に9点を奪い、楽な中での登板となった。しかし、関西学院大打線に5回2/3を投げて10安打を浴びて5失点、「気合いが入りすぎて空回りしてしまった」と反省のピッチングだった。最速は144キロだった。

また打撃では、この日は7番で出場し、2回にタイムリーヒットを打った。谷川選手は前日は6番ライトでスタメン出場し、4打数2安打1打点を記録している。

この日は、阪神、北海道日本ハム、福岡ソフトバンク、中日の4球団が視察に訪れ、中日の米村明チーフアマスカウトは「身体能力が高い」と評価をしている。

まだこんなものではないだろう。二刀流をするなら、なおさら両方で良い成績を残さないと、両方とも中途半端と評価されてしまったら意味がない。打撃センスを買われて1年生の春に打者として主軸を打った。しかし、1年生の冬に田中監督に二刀流を志願をし、現在は野手6、投手4の割合で練習し、毎日投球練習もしているという。

「上では投手でやりたい」と話す谷川選手、投手としては140キロ後半は記録しなければ、上に行くには難しいだろう。打撃でもヒットはもちろん、長打力も見せてほしい。どっちかにしておけばと後悔しない成績を残したい。

2019年度-大学生のドラフト候補リスト
近畿大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

投打二刀流の来秋ドラフト候補・谷川がリーグ戦初先発で初勝利を挙げた。「気合いが入りすぎて空回りしてしまった」と猛省したように、5回2/3を被安打10の5失点。阪神、日本ハム、ソフトバンクなど4球団が見守る前で直球の最速は144キロを計測した。

大学では高い打撃センスを買われ、1年春から野手でリーグ戦に出場。大谷(エンゼルス)に憧れ、1年冬に田中秀昌監督に二刀流を志願した。中日の米村明チーフアマスカウトは「身体能力が高い」と評価した。

近大の二刀流が本格デビューした。石川・星稜高時代に最速148キロ右腕としてプロの注目を集め、大学では1年春から主軸を任された。「高校から(二刀流)でずっとやってきたので、大学でも続けたかった。大谷翔平選手が好きなので、影響は多少はあると思います」と、1年の冬に二刀流を直訴した。

 2年秋に2試合で各1イニングずつを投げただけだったが、この日は6回途中まで粘投した。17日の第1戦は「6番・右翼」で先発し、4打数2安打1打点。「(体力は)大丈夫です」と、第2戦は「7番・投手」でスタメン出場し、投打で活躍した。

 現在は野手6、投手4の割合で練習し、毎日投球練習もしているという。「上(プロ)では投手でやりたい」。大きな目標に向かって「投手・谷川」が進化を続ける。


PAGE TOP