法政大・中山翔太選手がサイクル安打、広島・苑田スカウト統括部長が大絶賛

法政大, 中山翔太

法政大の185cmの右の大砲・中山翔太選手が、東京六大学の東大戦でサイクル安打を達成した。広島カープ、東北楽天などのスカウトも絶賛のコメントをしている。

サイクル安打達成

中山翔太選手は185cm95kgの右のスラッガーで、ベンチプレスで140キロを挙げるなどパワーのある選手、履正社高校から法政大に進むと、ここまで東京六大学で通算7本のホームランを放ち、プロも注目をしている。

この日は第1打席で三塁打を記録すると、5回の第2打席では二塁打、続く6回にはレフト前にヒットを打つと、7回にはリーグ通算8本目となるホームランで、リーグ史上8人目のサイクル安打を達成した。「記録のことは何も知らなかった」といい、達成してから分かったという。それよりも「期待されているのは分かっていたから、早く1本打ちたかった」と、今季1号ホームランと初打点を喜んでいた。

中山選手は今季は打率.350を記録していたが、ホームランが無く、しかも打点もなかった。6打数4安打6打点の大活躍で一気に目を覚ました。

プロのスカウトも絶賛

中山選手が打席に立つと、プロのスカウトはバッターボックスを凝視していた。それだけ打席での存在感があり、期待をさせる雰囲気がある。この日は5球団のスカウトが注目をした。

視察した広島の苑田スカウト統括部長は「きょうは打つと思う。タイミングの取り方がいいから」と試合前に話すと、サイクル安打の活躍に「きょうのタイミングの取り方で打ち続けたら、岩見より打てるようになると思う。ボールに対するインパクトが強いですし、変化球もフルスイングできる態勢が整っているからしっかり振れる」と、昨年の東北楽天ドラフト2位・岩見雅紀選手以上という評価を示し、「全力プレーは人気が出る。上位候補。右の小早川になれる」と上位候補と明言した。

また東北楽天の沖原スカウトは「力はあるし、コンパクトにも打てる。常に全力疾走ですし、一生懸命な姿もいいですね」と話すと、フィリーズの大慈彌功環太平洋担当部長も「中田級のパワー」と打撃のパワーを評価した。

パワーがあり、対応力の高さも見せる中山選手、進路はプロ入り一本を明らかにしている。秋のドラフトでスラッガータイプの選手の中で主役となるかもしれない。

2018年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
2018年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト

東大戦に4番左翼で先発。初回に右翼線へ先制の適時三塁打を放つと、5回に左中間へ2点二塁打、6回に三遊間へ適時打。7回の2ランで達成した。この日は6打数4安打で、すべての安打に打点がついた。中山は8回裏に交代するまで記録に気付かず「何も分からなかった。本塁打は久しぶりだったのでうれしかったが、それよりチームが勝てたことが良かった」と笑った。

希望進路はプロ一本。広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「上位候補。右の小早川になれる」と、法大から広島に入って活躍したスラッガーに例えた。フィリーズの大慈彌功環太平洋担当部長も「中田(日本ハム)級のパワー」と評価した。

広島苑田スカウト統括部長は「タイミングに間ができていて、良かった。ボールに対するインパクトが強いですし、変化球もフルスイングできる態勢が整っているから、しっかり振れる」と評価した。

 楽天沖原スカウトは「力はあるし、コンパクトにも打てる。常に全力疾走ですし、一生懸命な姿もいいですね」と野球に取り組む姿勢にも着眼した。

試合は国内外5球団が視察。広島・苑田スカウト統括部長は「きょうのタイミングの取り方で打ち続けたら、岩見(慶大→楽天)より打てるようになると思う」と年間1位(12本)と通算3位(21本)の本塁打記録を持つスラッガーを引き合いに評価した。


PAGE TOP