法政大・中山翔太選手に横浜DeNAが注目、菅野秀哉投手はリーグ17勝

法政大, 菅野秀哉, 中山翔太

東京六大学では法政大が慶応大に8-2で勝利した。法政大のプロ注目・中山翔太選手が勝ち越し打を打ち、エースの菅野秀哉投手がリリーフ登板して5回無失点で17勝目を挙げた。

快勝

この日は、1-1の同点で迎えた3回、4番の中山翔太選手が逆方向への技ありのヒットで勝ち越し打を話し、この得点をきっかけに4点を奪って慶大を突き放した。「なんとか1本打ちたかった」と話した。この日は5打数2安打2打点の活躍を見せた。

この日は横浜DeNA、東京ヤクルトなどが視察をしたが、前日より複数人態勢で視察をしている横浜DeNAの河原スカウティングディレクターは、「こういう打撃ができるのは大きい」と、中山選手の打撃を評価した。

また、この日は150キロ右腕でドラフト候補の菅野秀哉投手が5回から登板すると、5回を1安打5奪三振1四球で無失点に抑える好投を見せた。菅野投手は高校時代から140キロ後半の速球が注目され、大学では1年秋に2勝を挙げると、その後はリリーフや先発でフル回転した。昨年秋には5勝を挙げる活躍を見せ、今年のドラフト上位候補として注目されていた。

しかし今年はストレートの上積みもあまり見られず、逆に制球に苦しんだ。春のリーグ戦では1勝5敗と結果を残せず、他のドラフト候補右腕からは一歩後退をしていた。この日は「変化球が低めにいっていたのがよかった。真っすぐはまだまだ」と話したものの最速149キロを出し、青木監督も「調子は戻っている」と話した。

これで大学のリーグ戦で17勝目、実績ではトップクラス。プロ志望届をすでに提出しており、ドラフトまで1カ月を切った中で、最後のアピールとなるか注目をしたい。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

ドラフト候補が躍動して慶大に雪辱した。同点の3回、4番・中山が逆方向へ技ありの勝ち越し打を放ち「なんとか1本打ちたかった」。視察したDeNAの河原隆一スカウティングディレクターは「こういう打撃ができるのは大きい」と評価した。

法大エースの菅野が、この秋4試合目の登板で初白星。「変化球が低めにいっていたのがよかった。真っすぐはまだまだ」と言いながらも、最速は149キロまで戻ってきた。青木監督は「先発が1、2年生で、ロングリリーフできるのは菅野だと思って投げさせた。調子は戻っているので、あす(3回戦で)結果を出したい」と、勝ち点2同士の決戦にかける。

5回から救援したドラフト候補の菅野秀哉投手(4年=小高工)も今季初勝利を挙げ「今日は変化球が低めに集まっていい投球ができていた」と女房役としても力を発揮した。


PAGE TOP