近江・北村恵吾選手はプロ志望を撤回し大学進学へ

近江高, 北村恵吾

この日、国体に出場した近江高校の北村恵吾選手は、当初、プロ志望を明らかにしていたが、家族などと話し合った結果、中央大学に進学することを決めた。

大学進学へ

この日の高知商との試合で4番を打った近江の北村恵吾選手は、レフト前ヒットを打つなど活躍を見せ、最後の高校野球のプレーを見せた。「楽しくできたけど、初回に打てなかったのが悔しい。チームのみんなが勝たせてくれた。あしたは最後の試合にもなるので何としても勝って笑顔で終わりたい」と話した。

甲子園では2本塁打12打点の活躍を見せ、横浜DeNAなど複数のプロのスカウトも注目をし、北村選手も敗退後に、「上で戦うにはもっと鍛えないといけない。プロ志望届は出します」と話していたが、甲子園終了後に家族と話し合いを重ね、大学進学をすることを決めた。「大学で頑張ろうと決心しました。自分は何も考えずにプロに行きたいと思っていたけど、兄に、今プロ野球に行って1軍で出られるんか、と言われて、活躍できる自信はなかった。」と話し、「その言葉が「一番大きかったです」と話した。

「自信がないなかで行っても大成しない。プロに入ることではなく、活躍することが自分の小さいころからの夢だった。木のバットにも慣れて、大学ジャパンに選ばれて、ドラフトにかかるのが理想」と話し、「高卒よりもレベルの高い大学に行って、一から鍛え直して、ドラフトにかかればうれしいですし、かからなければプロ野球の世界では通用する選手ではなかったと、自分の中でもあきらめがつく」と話し、プロで活躍する選手になるため、大学に進学をして自分を磨きながら、プロでやれるかどうか試していく。

進路先は中央大学に進む見込みで、東都の厳しい戦いの中で、4年後のプロ入りを目指す。東都リーグでは毎年厳しい戦いとなるが、小さなバッティングにならず、いまのまま大きな打撃を続け、木製バットでもしっかりとスタンドに運べる打者になってほしい。

2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
今日のプロ志望表明 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

高校通算44本塁打の北村は「自分の夢は、プロ野球に入ることではなくて、プロ野球の世界で活躍することだった。高卒で行くよりも、レベルが高い大学に行って4年間、一から鍛え直して、ドラフトにかかればうれしい」と、決断した経緯を明かした。
兄から「高卒でプロに行って、1軍で活躍できるのか?」と言葉をかけられ、自問自答した。「自信がないなかで(プロへ)行っても大成しない。プロに行くなら活躍したい思いが強い。木のバットにも慣れて、大学ジャパンに選ばれて、ドラフトにかかるのが理想」と、目標を掲げた。

北村は「大学で頑張ろうと決心しました。自分は何も考えずにプロに行きたいと思っていたけど、兄に『今プロ野球に行って1軍で出られるんか』と言われて、活躍できる自信はなかった。(その言葉が)一番大きかったです」と話した。卒業後は、4年後のプロ入りを目標に大学で鍛錬を積むつもりだ。

苦笑いを浮かべた主砲は甲子園での敗退後にプロ志望届の提出を明言していたが、家族会議を重ねる中で大学進学へ方針転換することを決めた。
「プロに入ることではなく、活躍することが自分の小さいころからの夢だった。高卒よりもレベルの高い大学に行って、一から鍛え直して、ドラフトにかかればうれしいですし、かからなければプロ野球の世界では通用する選手ではなかったと、自分の中でもあきらめがつく」


PAGE TOP