創価大、154キロ右腕・杉山晃基投手など3人リレーも敗退、阪神が評価

創価大, 小孫竜二, 杉山晃基, 望月大希

最速154キロの速球を投げる杉山晃基投手や、140キロ後半を投げる小孫竜二投手、望月大希投手が注目される創価大が、3人のリレーを見せたものの関西国際大に敗れた。阪神スカウトが評価をしている。

8球団視察

創価大は来年のドラフト候補として、最速154キロの速球を投げて注目される杉山晃基投手や、140キロ後半を投げる小孫竜二投手、望月大希投手などがおり、事の東洋大のようになれるか注目されている。

その中で、この日の明治神宮大会初戦の関西国際大戦では杉山投手が先発をしたものの、初回にスライダーを運ばれ2ランホームランを浴びると、5回にはインコースのストレートを引っ張られてライトスタンドに運ばれた。2本の2ランホームランで4失点、6回5安打4奪三振4失点という内容だった。

リーグ戦では球速だけである程度抑えられるものの、全国大会で2本のホームランを浴びた事に、「全国大会のレベルが高いな」と話し、「何かを変えなきゃいけない」と反省を口にした。この日は7回に小孫竜二投手が登板し1回ノーヒット1奪三振2四球で無失点、8回には望月大希投手が登板し、1回1奪三振1死球で無失点に抑えた。

この日は8球団のスカウトが視察し、阪神の畑山チーフスカウトは「3人とも楽しみ」と話した。3投手は球速は出ているものの、実際の登板を見ると、ストレートのすごみはやや足りない感じがする。来年に向けてストレートをどれだけ磨けるか。目を見張りようなストレートを来春に投げ込む事になれば、スカウトが連日脚を運ぶ事になるだろう。

明治神宮大会(2018)大学の部の出場チームと注目選手
創価大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

初回にも先制2ランを浴びて2本のアーチに沈んだが、8球団が視察するなど注目度は高い。阪神・畑山チーフスカウトは「(小孫、望月を含め)3人とも楽しみ」と評価。今大会は早々と姿を消したが、創価大の右腕3人衆が来秋の主役となる可能性は十分ある。

3人で下級生のころから切磋琢磨(せっさたくま)してきた。先月ドラフト指名された東洋大の上茶谷(DeNA1位)、甲斐野(ソフトバンク1位)、梅津(中日2位)同様、創価大の3投手も「3本の矢」として期待が掛かる。杉山は「そう言ってもらえるのはありがたいが、今日の結果ではまだまだ。全国で勝てるにはまだ力がないことが分かった。3人でレベルアップしていきたい」と言った。


PAGE TOP