創価大の154キロ右腕・杉山晃基が160キロ出してプロへ

創価大, 杉山晃基

最速154キロの速球を投げ、来年のドラフト候補として注目される創価大の杉山晃基投手が、意気込みを示した。

成長に期待

杉山晃基投手は、昨年秋の明治神宮大会で150キロを連発して注目され、最速は154キロを投げる183cmの右腕投手として、来年のドラフト候補に名の挙がる投手。

チームのエースとして登板し、今年は夏に腰を痛めていたものの秋は3勝0敗、防御率0.90の成績を残した。出場した明治神宮大会では、初戦の関西国際大戦で先発したものの、6回を投げて5安打4奪三振4失点、1回と5回に2ランホームランを浴びた。杉山投手は春の全日本大学野球選手権でも1回戦の宮崎産業経営大戦で先発したものの、0-0で迎えた5回に2ランホームランを浴び、7回0/3で5安打6奪三振5失点で敗れている。「春と同じ失敗で、何も成長がない。何かを変えないといけないし、次こそ克服したい」と反省を口にした。

大学でもトップクラスの球速を持つ杉山投手だが、現在のところの評価は、ドラフト上位候補とはなっていない。高めに浮くストレートを低めに抑えて、150キロ近くの球を投げ、また決め球となる変化球も磨きたい。「結果を出さなきゃという思いは強い。チームが勝てることを考えながら成長したい」と話す。

それでも球速の更新も狙う。「伸ばしていけたらうれしい」と話し、目標としている160キロを記録してプロ入り、を目指す。創価大には150キロを記録する小孫竜二投手、145キロの速球を投げる184cmの望月大希投手と、プロ注目の3投手がおり、今年の東洋大のように、プロのスカウトが何度も足を運ぶ事が予想される。杉山投手は「常に負けたくない。3人でレベルアップできれば」と話し、競争&共闘で3人ともプロ入り、そしてその中で、一番先に名前が呼ばれる投手になるという意気込みを見せる。

来春のリーグ戦前のオープン戦で、多くのスカウトが詰めかける事になる。そこで、さらに成長した杉山投手の姿を見たい。

創価大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

4年生となる来年はドラフトイヤー。杉山は「結果を出さなきゃという思いは強い。チームが勝てることを考えながら成長したい」と力を込める。チームには小孫竜二、望月大希と、同級生右腕のドラフト候補もそろう。「常に負けたくない。3人でレベルアップできれば」と大きな刺激を受けている。
「(球速を)伸ばしていけたらうれしい」と目標の160キロ到達にも意欲的。夢のプロ入りへ、杉山は瞳を輝かせた。


PAGE TOP