立教大が練習納め、パンチ力光る捕手・藤野隼大捕手もプロ注目

立教大は12月23日に今年の練習を打ち上げた。来年は藤野隼大捕手にプロの視線が集まりそうだ。

パンチ力

藤野隼大選手は181cm83kgの捕手で、セカンドまでの送球は1.8秒を記録する。昨年春は正捕手としてマスクを被り、リーグ戦優勝、そして大学野球選手権での優勝に貢献した。また昨年秋の東京六大学リーグで4本塁打を打つなど、3年間で通算6本塁打のパンチ力も評価されている。

今年、侍ジャパン大学代表入りすると、東海大の海野隆司捕手とレギュラー争いをし、日米大学野球5試合では3試合でスタメンマスクを被り、5試合すべてで出場した。それでも、最後までマスクを被ることはなく、代打を送られたり、大事な試合では亜細亜大の頓宮裕真選手にスタメンを譲ったりもした。

来年は海野選手や東洋大の佐藤都志也捕手などがライバルとなるが、「ライバル意識はあります。」と話し、「佐藤は足と打撃、海野は肩が強いですが、僕はトータルで勝負したいです」と話した。

打撃の佐藤、肩の海野、そして総合力の藤野と分析される来年の大学生捕手、さらに東京六大学では慶応大の郡司裕也選手もおり、まずはリーグを代表する捕手を争う事になる。長打力には魅力がある。来年春にまた4本塁打などを記録すれば、大学代表入り、そして秋のドラフト会議へとつながっていくことになる。

立教大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト

17年春にリーグ戦、全日本大学選手権を制したが、17年秋からは3季連続でV逸。来秋ドラフト候補で主将に就任した藤野隼大捕手(3年=川越東)は「学生野球最後の1年。チームの勝利を最優先に、野球に向き合っていきたいです。自分は先輩たちに優勝を経験させてもらったので、来年は僕らが後輩たちに経験させてあげたいです」と話した。


PAGE TOP