白鴎大、優勝!岡島豪郎選手など有終の美!

岡島豪郎, 白鴎大, 塚田正義, 金伏ウーゴ

関甲新学生野球リーグでは勝ち点4の白鴎大と勝ち点3で追いかける上武大の2回戦が行われた。白鴎大はオリックスや東北楽天が指名候補に挙げている岡島豪郎捕手が2ベースヒットのほか5回にはライト前にタイムリーヒットを放つなど活躍を見せ、3-2で勝利、上武大と1勝1敗となり、また同じく勝ち点3で並んでいた山梨学院大も関東学園大に敗れて1勝1敗となった。

仮に17日に上武大、山梨学院大が勝利しても勝ち点で白鴎大並ぶが勝率で上回ることができず、白鴎大の優勝が決まった。

白鴎大には岡島捕手の他、広島が獲得を狙う塚田正義選手や、同じくプロ注目の左腕・金伏ウーゴ選手がおり、この日もプロ6球団のスカウトが視察に訪れた。リーグ制覇で有終の美を飾り、今度は明治神宮大会に出場して全国の競合と腕試しをするべく代表決定戦に臨む。

日刊スポーツによると、岡島捕手、塚田選手にはプロ11球団が調査書を求め、金伏ウーゴ投手にも5球団が調査書を求めているとのこと。ドラフトでは1チームから3人の指名があるかもしれないですね。注目したいです。

  •  - ” target=”_blank”>全文は


  • PAGE TOP