今年チェックしたいドラフト候補(その6)~大学生投手1~

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手で、ぜひチェックをしてみたいという選手たち。今日は大学生投手編です。

旭川大・松村尚汰投手

松村尚汰投手は195cmの超大型右腕、体重も85kgまで増えており、さらに5kgくらい載せてちょうど良いくらいか。高校時代に145キロを投げており、大学ではさらに球速を伸ばしているという。

北海道教育大旭川・野澤悠真投手

野澤悠真投手は、函館ラ・サール時代から注目された右腕で181cmから147キロの速球を投げる。国立の星。どんな投手なのかぜひ見てみたい。

星槎道都大・渕上佳輝投手

渕上佳輝投手は176cmと身長はそれほど大きくないが、常時140キロ中盤を記録するような迫力のある投球を見せる。

日本大・山本龍之介投手

山本龍之介投手は大学1年の明治神宮大会で147キロを記録、その後、149キロまで球速を伸ばした。184cm87kgの体があり、しっかり見ておきたい。

東海大・村上友幸投手

村上友幸投手は東海大の隠し玉、193cmから147キロの速球を投げる。東海大熊本星翔時代に熊本工などを抑えた実力のある投手。

玉川大・山田綾人投手

山田綾人投手は中学時代から長身右腕として注目され、桐光学園では打撃も注目された。大学に入ると151キロを記録したが、高校・大学とケガに悩まされた隠れた逸材。

中部学院大・伊藤健太投手

伊藤健太投手は184cm85kgの体があり最速150キロを記録する。コンパクトでオーソドックスなフォーム、やや上体で投げているような印象もあるが、下半身もしっかりしているので、投球の間をすこし変えたりして進化を期待したい。

佛教大・福森建投手

福森建投手は188cm89kgの体があり、149キロを記録する。まだ投球にムラがあるようだが、高校時代も素晴らしい投球を見せており期待をしたい。

天理大・松井石根投手

松井石根投手は182cmで体重は70kg前半だったが、148キロのキレの良い球を投げた。変化球も多く、昨年春には故障からも復活したようでこの春の投球に注目したい。


PAGE TOP