法政大がキャンプイン、船曳海選手、宇草孔基選手がプロ注目

法政大, 船曳海, 宇草孔基

法政大が千葉県の鴨川でキャンプインした。高校時代にU18代表でもプレーした船曳海選手、宇草孔基選手などがプロ入りを目指す。

故障から復活

船曳海選手は天理高校出身の外野手で、高校時代にはU18代表でもプレーをし、183cmの体もあってプロ複数球団が注目をした。法政大に入学すると2年生の春には12試合に出場、8番など下位打順だったがセンターを守った。規定打席に到達し打率は.229だったが、その秋は打撃も良くなり7試合までで11安打、打率.500を打っていた。

しかし、走塁の際に右肩を脱臼、そのまま手術をして戦線を離脱、昨年春は出場は無かった。それでも秋には代打や守備固めで出場をし始め、復活を目指す姿を見せている。船曳選手は離脱してから、「体の使い方や栄養学を勉強して、体を万全にできた」と話し、体重は10kg増えて82kgとなり、体を鍛えあげた。50m5.9秒の足がある大型外野手、春のリーグ戦の復活が待たれる。

また、宇草孔基選手も常総学院時代から注目された選手で、同じくU18代表でプレーをしている。法政大では1年生の春から出場をしているもののレギュラーに定着はできなかったが、昨年秋に1番レフトでレギュラーになり、1リーグ19安打、打率.300を記録した。

そして昨年秋にチームは久々の優勝を飾り、宇草選手も貢献をしている。「連覇、日本一は当たり前の目標です。チーム全員でやっていく。やるべきことをやらないと。気持ちだけ先行してもいけない」と話す。

法政大は昨年優勝メンバーは中山選手、向山選手など4年生が中心だったが、その4年生がぬけた。連覇を狙うには大きな穴となるが、逆に大きなチャンスでもある。宇草選手、船曳選手のU18コンビを中心に伊藤寛士選手、福田光輝選手、西山翔真選手といった高校時に注目された選手たちも、最後のシーズンに花を咲かせたい。

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

1メートル83、83キロと恵まれた体格で天理(奈良)時代にはU―18代表入り。抜群の身体能力に、プロ複数球団が熱視線を注いだ逸材だ。法大進学後、一時はスタメンの座を獲得も2年秋のリーグ戦中、走塁の際に右肩を脱臼して手術。戦列を離れた。リハビリが続き、影響は昨秋まで及んだが「体の使い方や栄養学を勉強して、体を万全にできた」と前向きにとらえている。大学入学から体重は10キロ増えたという。

監督の意図は選手にも伝わっている。新4年生で、今秋ドラフト候補に挙がる宇草孔基外野手は「連覇、日本一は当たり前の目標です。チーム全員でやっていく。やるべきことをやらないと。気持ちだけ先行してもいけない」と話した。


PAGE TOP