専大の146キロ右腕・前田敬太投手が千葉ロッテ2軍相手に5回5K

専修大, 前田敬太

専修大は千葉ロッテ2軍とプロアマ交流戦を行い、高校時代に146キロの速球を投げて注目された前田敬太投手が、5回5安打1失点5奪三振の投球を見せた。

184cm大型右腕

前田敬太投手は184cm83kgの大型右腕で、中部商時代に146キロの速球を投げてプロから注目されていたが、専修大では2年まで1部で8試合に登板するも、制球を乱して四球を与え失点をする投球で活躍することは出来ず、チームは2年の秋に2部に降格した。

2部では昨年の春は0勝1敗だったものの秋は3勝1敗の成績を残し、43回2/3を投げて36安打31奪三振、防御率3.71とようやく結果を残せるようになっていた。

この日は千葉ロッテとの対戦で先発を任されると、5回まで5安打1四球で1失点と好投し、藤原選手から三振を奪うなど5つの三振を奪った。「カーブとフォークが使えた。」と変化球をうまく使えたと話し、「秋のリーグ戦は神宮球場の1部でやれるようにしたい」と春に2部で優勝し入れ替え戦でチームを1部に導くことを目標として語った。

前田投手は今年チェックしたい選手。ストレートも150キロは出してほしいと思う。

専修大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

現在東都リーグ2部の専大の先発右腕・前田敬太投手(3年)は、5回5安打1四球5三振1失点に抑えたもののその後の投手陣が失点し、打線の援護も2点までで敗れた。ロッテのドラフト1位ルーキー、藤原恭大外野手から空振り三振も奪った。


PAGE TOP