ドラフト候補右腕・東北福祉大の津森宥紀投手、大阪商業大・大西広樹投手は悔しい投球

東北福祉大, 大阪商業大, 大西広樹, 津森宥紀

大学野球選手権では、東北福祉大が佛教大に、また大阪商業大が東海大に敗れて姿を消した。東北福祉大のドラフト候補右腕・津森宥紀投手が2回1/3で8安打4失点、大商大の大西広樹投手が5回2/3で9安打4失点だった。

森下には近づけず

今大会、大商大の大西広樹投手と東北福祉大・津森宥紀投手は、明治大・森下暢仁投手と共にドラフト候補右腕として注目されており、初戦では大西投手が9回4安打1失点完投、津森投手も3回1安打3奪三振無失点と好投を見せていた。

しかし、2度目の登板となったこの日の準々決勝で、津森投手は3-0とリードした7回からリリーフで登板すると、その回に1失点、8回には2失点し、そして9回にサヨナラの1点を失った。2回1/3を投げて8安打4失点、悪夢の投球となってしまった。

初戦を見た限りでは、球速はだいたい140キロ前半だが149キロも記録しており、昨年の選手権も球速はだいたい同じような感じだった。しかし、この日の佛教大戦では完璧に打たれていた。特に左バッターに5本のヒットを許し、右のサイドハンドの課題と言える点を見せた。

これだけ打たれるのは、相手も何らかの研究をしていたのではないかと思う。津森投手は試合後に、「どこのチームも自分のまっすぐを工夫して狙ってきた。それを上回れなかった自分の力不足」と話したが、それ以上のクセのようなものがあったのかもしれない。ただ、今後、プロでやっていくためには、このような時でも力で抑え込めるように、常時145キロ以上、最速150キロ越えはやっておかなければならない。

また、大商大の大西広樹投手は、4回までは東海大打線を抑えたものの、5回に2点、6回に2点を失った。「力不足でした。真っすぐのキレは良かったけど、変化球が浮き気味だった。」と話した。富山監督も「今日が実力でしょう。ここ一番で頑張らないと。一番しんどいところで抑えられる投手じゃないとダメ。まだまだでしょう」と厳しさを見せた。

大西投手も、大学で、またリーグ内ならば、今のようなややコンパクトなフォームで、球のキレで勝てるかもしれないが、プロでやるためには、もう少しパワーアップが必要だろう。

大学NO.1投手は明治大・森下暢仁投手となった。そして津森投手、大西投手は残念ながらこの大会で森下投手に追いつくどころか、かなり離されてしまった。選手権終了後には、大学日本代表合宿が行われる。侍ジャパン大学代表候補一覧(2019) 津森投手は召集されているが、大西投手はまだ呼ばれておらず、追加招集されるかは微妙な状況。津森投手は合宿で、また大西投手も秋には150キロを必ず超えるというくらいの、パワーアップにチャレンジしてほしい。

2019年度-大学生投手のドラフト候補リスト

研究され尽くした結果でもあった。クリーンヒット6本中、5本が左打者。「どこのチームも自分のまっすぐを工夫して狙ってきた。それを上回れなかった自分の力不足」。伸び上がるような直球を上からたたきつけられた。1-3で迎えた8回無死一、二塁でも左打者に左翼線2点適時三塁打。「まさか、あのコース(外角低め)を打たれるとは思わなかった。強気にいけない部分もあった」。失点以降、心の切り替えも出来なかった。

だが、3―0とリードしてから、今秋ドラフト候補の大西広樹(4年)が崩れた。5、6回に2点ずつを失い、逆転されて降板。「最後まで投げ切れなかったから、負けたんじゃないか。力不足でした。真っすぐのキレは良かったけど、変化球が浮き気味だった。勝てなくて申し訳ない」と自分を責めた。


PAGE TOP