金沢学院大・松井友飛投手が5回3安打2失点、188cm147キロ右腕はさらに進化へ

松井友飛, 金沢学院大

明治神宮大会準々決勝で、金沢学院大は関西大に敗れた。しかし188cmから最速149キロを投げる松井友飛投手が2試合に先発し、大きな経験を積んだ。

力不足を実感

松井友飛投手は穴水高校の出身、上背があり最速139キロを投げていたが、高校での公式戦は0勝だった。しかし、金沢学院大に進むと、元オリックスの五島裕二コーチの指導を受け、2年間で188cmの身長から最速147キロを記録する投手となった。「高校では活躍できなかったが、大学で見返してやろうと頑張った」と話す。

初の全国の舞台となった明治神宮大会、初戦の九産大戦では先発をしたものの1回1/3を投げて4安打4失点で降板した。しかしこの日の関西大戦でも先発を任されると、5回を投げて3安打2失点も6つの三振を奪った。将来性を期待させる投球となった。

それでも松井投手は「まだまだ力不足だと感じた。相手投手は全部の球でカウントが取れてキレも良くて、実力的に負けていると思った」と、8回まで無失点に抑えた関西大の149キロ右腕の4年生・森翔平投手を見ていた。

まだ完成まで50%くらいのところにいる。変化球も昨年秋まではスライダーしか投げられず、今年からカーブ、カットボール、チェンジアップを習得中、まだ思い通り操る所まで来ていない。また、188cmで80kgとまだ線も細く見え、このオフには80kg後半まで体重を増やす話す。

今大会は松井投手にとって大きな機会となったはず。来年に全国大会に出てくる時には、見違えた姿を見せてくれるかもしれない。

2021年度-大学生のドラフト候補リスト

松井は石川・穴水高の3年間、公式戦で一度も勝つことができなかった。半数以上は、コールド負けだった。「高校では活躍できなかったが、大学で見返してやろうと頑張った」。大学入学後、元オリックスの五島裕二コーチ(43)らの指導で189センチの長身を生かして腕を縦に振るフォーム改造に取り組み、高校時代139キロだった直球は147キロまで伸びた。


PAGE TOP