天理・河西陽路選手が1試合3本塁打の大会新記録

天理高, 河西陽路

明治神宮大会と言えば、早実・清宮選手と履正社・安田選手のアーチ競争、東邦・藤嶋健人や日本文理・飯塚悟史選手などの2本塁打などが印象的だが、天理の河西陽路選手が1試合3本塁打の記録を打ち立てた。

詰まってもスタンドに

7番ファーストで出場した河西陽路選手はこの日、2回にバックスクリーンへホームランを放つと、5回にはライトスタンドに一発、そして8-9で迎えた9回には、150キロ右腕の高橋宏斗投手がリリーフで登板していたが、詰まった当たりだったもののライトスタンドへ打球が飛び込み、起死回生の同点ホームランは大会記録を塗り替える1試合3本塁打となった。

河西選手はこの秋の奈良大会は背番号13だったが、この明治神宮大会で背番号3となった。仙台育英戦では3打数1安打だった。この日の3本塁打に、「打たないと負ける。全身全霊で打った。バックスクリーンがドンピシャで一番気持ちよかった」と話した。また3本目についても「こんな場面は2度とないと気持ちを全部乗せた。最後の1本は自信になります」とプロ注目の好投手からのホームランも手ごたえを感じた。

これで高校通算は10本塁打、巨人の岡本和真選手と同じ橿原磯城シニア出身、左バッターの「DeNAの筒香選手が好き」と話す河西選手は、「いい投手でもタイミングは遅れていなかった。次はクリーンアップで打ちたい」と、来年のセンバツでは主軸で大きな当たりを見せてくれるかもしれない。

明治神宮大会(2019)高校の部の出場チームと注目選手
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

最上級生となって迎えたこの秋、背番号はふた桁の「13」と、複雑な心境を覚えた。それでもモットーである笑顔と楽しむ精神で打ち消して活躍し、この大会は「3」をゲット。普段から意識しているDeNA・筒香のような力強いスイングは最高の結果へとつながった。

圧巻は逆転された直後の9回2死から、来秋ドラフト候補の最速150キロ右腕・高橋宏斗(2年)から同点アーチを右翼席に放り込んだ。「打たないと負ける。全身全霊で打った。バックスクリーンが一番気持ちよかった」と、柔和な顔をほころばせた。

「いい投手でもタイミングは遅れていなかった。次はクリーンアップで打ちたい」と意気込んだ河西。


PAGE TOP