鈴木昭汰投手、高田孝一投手など注目、法政大の初練習に巨人、ソフトバンク、日本ハム視察

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

法政大が2020年の初練習を行い、巨人、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムのスカウトが視察、148キロ左腕・鈴木昭汰投手、150キロ右腕・高田孝一投手などが注目される。

ライバル

練習初めだったこの日、鈴木昭汰投手は「プロに行きたい気持ちが強い」と話し、強いプロへの思いを口にした。この日は巨人、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムの3球団のスカウトが視察に訪れる前で、早速ブルペン入りして20球を投げた。「帰省中に投げて感じが良かったので、少し投げておきたかった」と話した。

鈴木投手はU15代表を経験し、常総学院では1年時からエースとして登板し甲子園でも投球した。プロも注目したが法政大に進学すると、2年生までは僅か3試合しか登板機会が無かったが、昨年春に先発で4試合に登板し1勝2敗、秋は主にリリーフとして7試合に登板し防御率0.56の成績を残した。

148キロを記録する左腕だが腕が見えにくいフォームが特徴で、鈴木投手も「和田さんのようになりたい」と話し、福岡ソフトバンクの和田投手を目標とし、また東北楽天の松井投手を「松井さんのフォームを参考にしながら、和田さんの糸を引くような直球を目指したい」と話す。

その鈴木投手は今年のプロ入りに向け、まずはライバルとの競争に意気込みを見せた。チームでは今年4年生になる右腕の高田孝一投手が、150キロを記録するストレートを武器にエース候補とされる。また、横浜高校出身の同じ左腕の石川達也投手も左の一番手のポジションを争い、さらに1年時からエースとして投げていて今年3年生になる三浦銀二投手もいる。まずはその中でエースの座を勝ち取りたい。

またリーグでは高校時から共に注目された左腕の早稲田大・早川隆久投手がおり、他にも慶応大・佐藤宏樹投手も強力な左腕のライバルとなる。鈴木投手は「誰がライバルというより、大学生の左腕にはだれにも負けたくない。結果を残したい」と話し、早川、佐藤との投げ合いを制して勝ち星を積み重ねる。

法政大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

鈴木昭汰にスカウト熱視線 中日スポーツ紙面 2020/1/7

 

法大鈴木始動、左腕に負けん スポーツ報知紙面 2020/1/7

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント