NTT西日本、150キロ右腕・大江克哉投手などドラフト注目カルテットが始動

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

社会人野球のNTT西日本はこの日、京都府内のグラウンドで練習を開始した。150キロ右腕の大江克哉投手の他、147キロの速球を投げる高卒3年目の松尾一樹投手、抜群の肩と足を持つ野村勇選手、辻本勇樹選手がプロ入りを目指す。

プロになりたい

大江克哉投手は今年の意気込みについて「プロになりたいので、去年よりいい成績を残したい」と話し、プロ入りを目標とした。大江投手は花園大学時代に150キロの速球を投げ、社会人野球入りした昨年は日本選手権で1回戦で先発し勝利投手になると、準々決勝の大阪ガス戦では7回途中までを1安打9奪三振1失点の好投を見せた。今年は春から活躍して、夏に行われる日本選手権で昨年を上回るピッチングをしてプロ入りを手にしたい。

松尾一樹投手は広陵高校からNTT西日本に進み、今年3年目の若い投手。184cm90kgという体から147キロを投げ、ブレークが期待される。野村勇選手は藤井学園寒川高校から拓殖大を経て昨年NTT西日本に進み、日本選手権では代走や代打で出場をしたが、遠投120mの肩と50m5.8秒の俊足を持つアスリート選手として注目される。外野を守っていたが今年から大学時代に守っていた内野に戻り「内野手として勝負したい」と意気込む。辻本勇樹選手も仙台大時代から強肩と俊足の捕手として注目されている。

NTT西日本はドラフト候補カルテットを中心に春の社会人野球を席巻し、地元で行われる夏の日本選手権の優勝を目指す。

NTT西日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-社会人投手のドラフト候補リスト
2020年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

関西の社会人選手で筆頭格という声もある最速150キロ右腕の大江は、8強入りした昨秋の日本選手権で優秀選手に輝いた。京滋大学リーグの花園大時代からスカウトの注目を集めていたが、プロ志望届は出さずに社会人入り。「プロになりたいので、去年よりいい成績を残したい」と、同大学出身者として初のNPB入りを目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント