148キロ右腕・中山怜央投手が日本製紙石巻に加わる

日本製紙石巻, 中山怜央, 神里廣之介, 東本将弥

社会人野球チームの動向、日本製紙石巻には最速148キロの速球を投げる中山怜央投手など3人がが加わる。

大学野球選手権でチームを準優勝に

中山怜央投手(佛教大)は昨年春のリーグ戦でMVPを獲得する活躍を見せると、大学野球選手権では八戸学院大戦、東北福祉大戦、東海大戦の3試合に先発し、投球自体は納得いくものではなかったかもしれないが3試合とも強豪チームを相手に粘りを見せ、チームの勝利に結びつけた。

そして秋も5勝1敗、防御率0.69を記録して再びMVPを獲得した。最速148キロの速球を投げる投手としてプロも注目をした。

その中山投手が、日本製紙石巻に加入する。奈良県出身で奈良大付属から佛教大でプレーしており、東北の地には縁もゆかりもない。しかし、きらやか銀行の台頭で2年連続で都市対抗出場を逃しているチームを全国に、そして決勝の舞台へと導くためにやってきた。「走者を出しても本塁に返さなければいい。試合を作ることを意識して、すべてを平均以上にしていきたい」と話し、持ち前の粘りのピッチングがさらにできるように、最速148キロの球速や制球などを磨いていく。

東北の社会人野球はきらやか銀行の台頭で、JR東日本東北、七十七銀行、TDK、日本製紙石巻などが都市対抗出場枠3枠を争う。日本製紙石巻はベテランの斉藤侑馬投手と塚本峻大投手を中心に宝利亮投手などが投げている状態が続いたが、慶応大の小原大樹投手、そして宮内春輝投手など若手が加わり投手の入れ替わりの時期になっている。中山投手の加入で前田監督も「先発する投手が固定されていた。脅かしてほしい」と期待を込める。

他には、沖縄尚学から東京情報大でプレーした神里廣之介選手と、報徳学園、神奈川大でプレーをしプロも注目した東本将弥選手も加わる。都市対抗でプレーを見せられるか、期待したい。

日本製紙石巻のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本製紙石巻・中山は、「走者を出しても本塁に返さなければいい。試合を作ることを意識して、(投球の)すべてを平均以上にしていきたい」と意気込みを語った。最速148キロを誇り、準優勝した昨年6月の全日本大学野球選手権では全5戦のうち3戦に先発。京滋大学野球では4年時のリーグ戦で、春秋ともにMVPに輝いた本格派だ。


PAGE TOP