東京六大学野球は4月11日通常開催目指す、社会人対抗戦は無観客開催

東京六大学連盟は定例理事会が行われ、4月11日開幕の春季リーグ戦について、通常開催を目指して準備することを決めた。

社会人対抗は無観客

理事会では、チーム関係者や家族などの健康管理、大勢での接触を避けるための寮の過ごし方、喚起を徹底する事などを徹底することを加盟大学などに通達し、内藤事務局長は「1人の感染者も出さないようにして11日の開幕を目指したい」と、4月11日開幕に向けて準備をしていくことを明らかにした。

ただし、4月3日から行われる予定の社会人チームとの対抗戦は無観客で行う事が決まった。また、今後、大きな状況の変化があれば、開幕1週間前を目途に臨時理事会を開催し、再度協議するという。

東京六大学が春季リーグ戦日程を発表、注目選手は?


PAGE TOP