富士大2年・金村尚真投手が148キロで3安打9奪三振完封

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

北東北大学リーグでは、富士大の2年生・金村尚真投手が八戸学院大を完封し、ドラフト1位候補・大道温貴投手との投げ合いを制した。

スポンサーリンク

148キロ

金村尚真投手は173cmと上背はないものの、岡山学芸館時代に最速145キロを記録、キレのあるストレートを投げ注目されていた。富士大は分厚い投手陣を誇る中で、八戸学院大のドラフト1位候補・大道温貴投手との投げ合いに、この2年生の金村投手を起用した。

大一番だったが、金村投手は見事に起用に応えた。自己最速を1キロ更新する148キロの速球を軸に、9回を3安打9奪三振で完封勝利、「今日の一戦は、何よりも勝つことだけが大事だった。初回に点を取って、守備でも助けてくれた野手のおかげ。」と話しあt。

大道投手と投げ合った事については「自分もプロを目指す上で超えないといけないと思っている存在に勝てたこともうれしい」と話し、プロ入りを見据え、プロに行くことが確実の右腕との投げ合いをしたことに自信を深めた。

この1勝で金村投手の投球に自信が加わり、さらにすごい投手になって行きそうだ。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

先発の金村尚真投手(2年=岡山学芸館)が3安打9奪三振で完封。自己最速を1キロ上回る148キロもマークする好内容に「今日の一戦は、何よりも勝つことだけが大事だった。初回に点を取って、守備でも助けてくれた野手のおかげ。自分もプロを目指す上で超えないといけないと思っている存在に勝てたこともうれしい」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント