近大・佐藤輝明投手はノーヒットも巨人・中日・阪神が視察し、阪神は和田TAなど5人態勢

中日ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

関西学生リーグでは、近畿大vs京都大の試合が行われ、ドラフト1位指名有力の佐藤輝明選手が出場した。

スポンサーリンク

3打数ノーヒット

佐藤輝明選手はこの日は申告敬遠を含む2四球を与えられ、3打数ノーヒットに終わった。しかし、6回2アウト2塁の場面では、レフトポール際に大きな当たりを打つなど、その力を見せた。

この日は巨人、阪神、中日の3球団が視察、阪神は和田TA以下5人態勢で視察を行ったが、和田氏は「ボールをしっかり見極められている。逆方向にあれだけ大きいのを打てるから」と評価をした。

この日は立命大vs関大の試合で有村大誠投手や榮枝裕貴捕手、高野脩汰投手などが出場するなど、スカウトが集まるかと思ったが、もうすでに評価は確定済みで他を優先したのか、3球団だけの視察にとどまった。この試合は、高野投手が3回途中で4失点で降板し、有村投手は7回9安打も9奪三振で1失点に抑えた。

2020年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は阪神、巨人、中日の3球団が視察。今秋3度目の視察の阪神・和田TAは「ボールをしっかり見極められている。(六回のファウルも)逆方向にあれだけ大きいのを打てるから」と評価。

立命大打線が序盤で高野を攻略し、2回0/3、4失点でKOした。有村は「今日は60点くらい。悪くはなかったが安打数が多い」と本調子ではない中「お互い全勝で来ていたので負ける訳にはいかなかった」と気迫の投球だった。女房役で同じく今秋ドラフト候補の栄枝裕貴捕手(4年=高知)も「直球が浮いていたので、見せ球にしようとして配球しました」と好リード。息の合ったコンビで、7回1失点にまとめた。

 2四球(1申告敬遠を含む)2得点1盗塁で勝利に貢献したが、最多5人の阪神、巨人、中日の3球団が視察した中で不発に終わった。「ダメでしたね。チームが勝ったのが一番よかった。もっと積極的に明日はいきたい」と気持ちを切り替えていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント