法政大・鈴木昭汰投手が150キロ、ソフトバンク「約10キロ速くなった」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

東京六大学リーグでは法政大の鈴木昭汰投手が150キロを3度計測した。

スポンサーリンク

6回2失点

この日の明治大2回戦で先発した鈴木昭汰投手は、6回8安打2失点で奪った三振も4つと、早稲田大戦で早川投手と投げ合ったような投球は見られなかった。本来なら1回戦で先発をする投手だが、前日の1回戦は高田孝一投手が先発をし、本来の調子でないことがうかがえる。

しかしこの日は150キロを3度計測した。視察した福岡ソフトバンクの宮田アマスカウトチーフ補佐は「直球が1年で約10キロ速くなった」と評価した。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察したソフトバンク・宮田善久アマスカウトチーフ補佐は「直球が1年で約10キロ速くなった」と成長を評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント