東都リーグ、来春3月開幕も検討

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東都リーグは、来春のリーグ戦について、3月に開幕する方向で検討をしている事がわかった。

スポンサーリンク

7大学での1部リーグ&オリンピックも考慮され

東都1部リーグは来年、青山学院大が昇格し7大学でリーグ戦を行う。また7月には東京オリンピックが開催される事もあり、リーグ戦には直接の影響は少ないものの、神宮球場を併用する東京ヤクルトが、春先に神宮球場で行う試合が多くなるため、神宮球場の併用日が増える見通しとなっている。

現在、東都リーグは1日に3試合を行っているが、また1日2試合で行う事になる事、さらに7大学でのリーグ戦ということで試合日程が大幅に伸びることになる。そこで全日程を神宮球場で行うには、3月にリーグ戦を開幕することが検討されている。

ただし、来年入学する新1年生については、大学連盟の規約により4月1日以降でなければ出場できないため、3月中の試合は出場できないことになる。

3月は選抜高校野球大会も開催されるため、甲子園で高校野球、神宮で東都リーグが行われることになりそうだ。

2021年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東都大学野球 来春リーグ戦「3月開幕」を検討 神宮で全日程実施へ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 来春の東都大学野球1部リーグ戦が3月に開幕する方向で検討されていることが7日、分かった。例年は4月初旬に開幕するが、3月の開幕は過去に例がない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント