昨秋2本塁打の流経大の主砲・新井聖永選手「プロを目指して結果を出したい」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

流通経済大で、昨年秋に4番を打ち2本塁打を放った新井聖永選手が、今年の意気込みを語った。

スポンサーリンク

社会人、プロを目指し

新井聖永選手は高崎商から流通経済大に進むと、大学時代に体重を20kg近く増やして182cm90kgのスラッガーに成長。昨年秋のリーグ戦では4番を打ち、2本塁打を放った。

今年については「自分の持ち味は長打と強肩。ホームランは最低ラインが3本。打てるだけ打ってチームを引っ張り、優勝したい」と話す。そして「社会人、プロを目指して結果を出して見返したい思いでやってきた。目立たないと先はない。毎日の練習が就活だと思っている」と話した。

新井選手が戦う東京新リーグでは今年、創価大の152キロ左腕・鈴木勇斗投手や共栄大の151キロ右腕・小向直樹投手などがおり、2本塁打を放ったものの打率は2割台に抑えられた。

強敵が多いものの、プロのスカウトも連日のように詰めかけることになる。そこでプロ注目の投手からホームランが打てれば、新井選手の評価もぐんぐん上っていくと思う。「去年は抑えられたが、彼らを打たないと優勝もできない」と話し、各チームのエースから打って、チームを優勝に導くとともに、プロ・社会人へと道を切り開いていく。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東京新大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

前橋中央ボーイズ、高崎商で目立った活躍ができなかったことが原動力。「社会人、プロを目指して結果を出して見返したい思いでやってきた。目立たないと先はない。毎日の練習が就活だと思っている」。入学時は182センチ、72キロの痩せ形だったが、1日5食、寝る前には白米3合を日課に増量し、この冬に体重90キロに到達。50メートル6秒2の俊足はそのままにパワーアップもした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント