京都国際、新2年生の左右のエースでセンバツで旋風を巻き起こす

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

京都国際高校は、新2年生の森下瑠大投手と平野順大投手の左右のエースでセンバツで旋風を巻き起こす。

スポンサーリンク

左右の2年生エース

京都国際高校は、昨年のドラフト会議で釣寿生捕手がオリックスの育成ドラフト4位、早真之介選手が福岡ソフトバンクの育成ドラフト4位でそれぞれ指名された。2019年には上野響平選手が北海道日本ハムのドラフト3位で指名されている。

チームは昨年秋に近畿大会でベスト4入りし、今春のセンバツで甲子園初出場をするが、昨秋に勝利に貢献したのは、1年生の左右の2枚看板だった。

背番号1を付けた森下瑠大投手は、178cmの左腕投手で最速は137キロを記録する。昨秋は7試合に登板し4試合に完投勝利、1完封するなど防御率2.70を記録する。打撃も良く、1本塁打、打率.458の成績を残した。

右のエース・平野順大投手は171cmと上背はないものの137キロの速球を投げ、昨秋は5試合似登板し2試合で完封、防御率2.20を記録。また3番バッターとして打率.419を記録する。左右のエースはともに二刀流だ。

森下投手はセンバツに向けて「打撃では打率5割、投球では2ケタ三振を取りたい。二刀流で魅力をアピールしたい」と話す。一方、平野投手は森下投手にライバルの視線を向け「自分がエースになって、甲子園で投げたい」と話した。

2枚看板がセンバツでどんな投球をするのか非常に楽しみ。来年のドラフト候補として注目されていくような投球を見せたい。

【決定】センバツ出場校と注目選手一覧(2021)
2021年3月19日開幕のセンバツ高校野球大会に出場する32校がに発表された。出場高校と注目選手を紹介します。
京都国際高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

京都国際は府3位で臨んだ近畿大会で4強入りし、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。最速137キロ左腕の森下は、昨秋の公式戦は7登板で4完投(1完封)、防御率2・70。6番打者としても打率4割5分8厘、1本塁打、チーム最多の9打点と活躍した。「打撃では打率5割、投球では2ケタ三振を取りたい。二刀流で魅力をアピールしたい」と目標を掲げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント