未完の大器、上武大の岩本淳太投手が復活のマウンドに手応え

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

上武大がこの日、全体練習を行った。最速148キロを投げる未完の大器・岩本淳太投手も投げ込みを開始した。

スポンサーリンク

高3秋にトミー・ジョン手術

岩本淳太投手は広陵高校で、1年生のときに148キロを記録し非常に期待された。しかしその後は肘を痛め、3年生の秋にトミー・ジョン手術を受け、上武大に進学をしていた。

この日、上武大は全体練習を行ったが、岩本投手もブルペンで本格的な投球練習を行った。手術後に146キロまで戻ってきているという力強いストレートを中心に、変化球も織り交ぜて約100球を投げた。

広陵高校は岩本投手の世代に中村奨成捕手、平元銀次郎投手(法政大)などがおり、2017年の夏の甲子園では中村選手が6本塁打を放つ活躍で準優勝をしている。岩本選手は「もう1度、奨成とバッテリーを組みたい」と話し、プロで中村選手のミットに投げ込むため、プロ入りを誓った。

素質十分の投手。トミー・ジョン手術は、手術後に更に速い球を投げる投手も少なくなく、岩本投手も今年150キロに到達し、プロも注目する投手になるかもしれない。

上武大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
広陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

高3秋にトミー・ジョン手術を受け、リハビリを続けていたが、この日は力強い真っすぐを中心に変化球を交え約100球を投げ、完全復活をアピール。広陵では中村奨(現広島)とバッテリーを組んでいたこともあり「もう1度、奨成とバッテリーを組みたい」とプロ志望を堂々と宣言した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント