DeNAドラフト2位・牧秀悟選手が実戦でルーキー初本塁打、他球団警戒

横浜DeNAルーキーニュース

横浜DeNAのドラフト2位ルーキー・牧秀悟選手が、この日から行われた紅白戦の初打席で、レフトスタンドに約120mのホームランを放った。

スポンサーリンク

ルーキー初

12球団とも徐々にシート打撃や紅白戦など、実戦形式のメニューが始まったが、3年生で侍ジャパンの大学代表の4番を打った横浜DeNAのドラフト2位ルーキー・牧秀悟選手が、12球団のルーキー初となる実戦形式でもホームランを放った。

この日は6番セカンドで出場すると、2回ノーアウトで回ってきた初打席に、左腕の坂本投手に1ボール2ストライクと追い込まれながらの4球目の135キロのストレートをフルスイングし、打球はレフトのフェンスを越えた。打った瞬間にわかる放物線の高い当たりだった。

牧選手は「打った瞬間に完璧に捉えたと思った。自分らしい本塁打が打てた」と話す。これを見ていた三浦監督も「すぐわかった。きれいな放物線だなあと思ってみていた」と笑った。

また4回には四球で出塁すると、続く柴田選手のライトへのファウルフライで果敢に二塁を陥れた。状況判断の良い走塁に三浦監督も「走塁も良かったし、積極的にやってくれた。打つだけの選手じゃないとわかったのが収穫」と話した。

この日の牧選手のプレーに、視察した巨人の中里スコアラーは「飛ばす力がある。横浜スタジアムなのでそれなりの本数を稼げる。村田修一のようになれる」と話すと、中日の前田スコアラーも「全部雰囲気がある。守備でも落ち着いていて大山みたいになっていったら怖い」と話した。右打席からどっしりとした構えで、レフトへの鋭い打球を放つ。身長もそれほど大きくなく、村田選手に雰囲気が似ていて4番の風格がある。侍ジャパン大学代表で3年生で4番を打っただけのものがある。

牧選手は「自分はホームランバッターではなく中距離ヒッター」と話す。ランナーを置いた場面で広角に外野手の頭を越える打球が特徴で、これからの実戦でもその打撃が見られるだろう。

厳しいセカンドのポジション争いが繰り広げられているが、守備でもチームの守備力の質を落とすこと無くこの打撃を見せてくれれば、Rローズ選手のように貴重なセカンドの4番バッターになっていくかもしれない。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。

衝撃的な1発に、他球団の007も驚いた。巨人中里スコアラーは「横浜スタジアムなのでそれなりの本数を稼げる。村田修一ぐらいになれる能力がある」。中日前田スコアラーは「全部雰囲気がある。守備でも落ち着いていて(阪神)大山みたいになっていったら怖い」。

DeNAドラ2牧 衝撃の初打席弾!12球団新人1番乗りで開幕二塁アピール - スポニチ Sponichi Annex 野球
 番長軍団、新星ヨロシク!DeNAは7日、今キャンプ初の実戦となる1軍対2軍の紅白戦を行い、1軍の「6番・二塁」で出場したドラフト2位の牧秀悟内野手(22=中大)が初打席で本塁打を放った。2回に左翼後方の防球ネットに当てる120メートルの特大ソロ。三浦大輔新監督(47)が期待する和製大砲候補は12球団の新人で最速の「プ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント