関西大・久保田拓真選手に6球団視察、阪神スカウト「打撃・守備が安定してきた」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西学生リーグでは、プロが注目する関西大の久保田拓真捕手と野口智哉選手に6球団のスカウトの視線が集まった。

スポンサーリンク

4盗塁許す

久保田拓真捕手は182cm80kgの大型捕手で、打撃が注目される捕手。この日は4番で出場をしたが、5回2アウト1,2塁の場面でタイムリー内野安打を打った。

それでも3-4と1点ビハインドで迎えた9回、2アウト1,2塁のチャンスではサードライナーに倒れ、「打てなかったので悔しい」と話す。また守備では同志社大に4盗塁を決められた。

それでも視察した阪神の渡辺スカウトは「秋よりも打撃も守備も安定してきた」と高く評価をした。

野口選手は2打数ノーヒット、3四球で厳しい攻めにヒットは出なかった。

久保田選手は守備でどのくらい相手の盗塁を封じることができるか、どのくらいの打撃を見せるか、野口選手は守備に定評があり、打撃で更にアピールできるか、注目したい。

2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
関西大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
4番・久保田拓、先制打も悔し デイリースポーツ紙面 2021/4/4

 

2打数無安打3四球の野口は「初回(1死二塁)に打てなくて、気持ち的にズルズルいった」と表情を曇らせた。6球団のスカウトが視察する前で、勝利できなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント