共栄大・小向直樹投手は149キロも5回途中降板、コロナ・2週間前腰痛の影響も

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

東京新リーグで創価大の鈴木勇斗投手とともに注目される共栄大の150キロ右腕・小向直樹投手が登板したが、5回途中で7安打3失点で降板した。

スポンサーリンク

腰痛影響

小向直樹投手は185cmの身長から最速150キロの球を投げる投手で、昨秋はアーム式のピッチングと線の細さもあり、今年の投球が注目されていた。

この日の駿河台大戦で先発をしたが、初回こそ149キロを記録したものの、その後は球速は140キロを切った。4回2/3を投げて7安打3四球で3失点、三振は6つを奪ったものの本調子とは遠い内容だった。

小向投手は「実戦不足で半分程度の出来だった。真っすぐの力はあったが、コントロール出来なかったところが反省点」と話す。コロナ禍の中で練習不足のオフとなり、そのまま3月のオープン戦に入ったものの、登板したのは3試合、最長で5イニングのみだった。また、約2週間前にぎっくり腰のような症状が出て3日間練習が出来なかったという。

この日は12球団のスカウトが視察に来ていたが、コメントは無し。「マウンドを経験できたのは大きいし、次に生きてくると思う。感覚はつかめたので、万全でいけるよう準備したい」と、次以降のピッチングが注目される。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

コロナ禍のため、練習不足のまま3月のオープン戦に入り、登板したのは3試合のみ。5イニングが最高だった。しかも、2週間前の練習でランニングをしていた際、ぎっくり腰のような症状が出て、投球練習ができない時期もあったという。「本人が『投げられる』ということなので、短いイニングでと先発させました」と新井崇久監督(46)。1回の先頭打者への初球に149キロを計測したが、その後は140キロを超えるのが精いっぱいという、本調子からはほど遠い投球だった。

東京新大学野球 151キロ右腕の共栄大・小向 5回途中3失点で降板「実戦不足でした」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補に挙がる共栄大の151キロ右腕・小向直樹(4年)が先発し4回2/3を7安打3失点(自責2)で降板した。
共栄大の151キロ右腕・小向は五回途中で降板「調子を上げていきたい」/東京新大学リーグ
 共栄大は最速151キロでプロ注目の大型右腕・小向直樹投手(4年)が先発し、4回2/3を7安打3四球6三振3失点で降板した。試合は、八回に駿河台大が2点を挙げ、九回も1失点に抑え、逃げ切った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント