東北福祉大の椋木蓮投手が5回途中9安打6失点、12球団スカウト視察

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

仙台六大学リーグでは、東北福祉大vs仙台大の試合が行われ、最速153キロの速球を投げてドラフト上位候補にも名前の挙がる椋木蓮投手が登板した。

スポンサーリンク

4回6失点

ともにここまで全勝の東北福祉大と仙台大、優勝を争うカードの1戦目に東北福祉大はエースの椋木蓮投手に託した。椋木投手は初回から150キロを数度記録するなど、常時140キロ後半を記録し、2回までは無失点に抑えていた。

しかし3回から仙台大打線が攻略する。3回に1点を奪うと、4回にも2点、そして5回には安打を集中させ3点を奪い、椋木投手を降板させた。椋木投手は4回2/3を投げて9安打6失点と結果を残せなかった。

この日は12球団のスカウトが視察に訪れていたが、結果が結果だけにコメントはなかった。椋木投手は「多くの走者を出して雰囲気を悪くしてしまった。」と話し、2回戦の今日も「出番があれば抑えたい」と話した。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-仙台六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東北福祉大の最速153キロ右腕・椋木 乱調6失点「自分の責任です」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト上位候補に挙がる東北福祉大の最速153キロ右腕・椋木が先発。12球団のスカウトが視察する前で最速151キロを計測したが、4回2/3を9安打6失点の乱調だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント