東北福祉大・椋木蓮投手が154キロ、2回3奪三振1失点に千葉ロッテ・中日が評価

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

プロが注目する東北福祉大の椋木蓮投手が、東京ドームで154キロを記録、リリーフで登板し2回で3奪三振も1失点し「良くはなかった」と反省した。12球団のスカウトが視察をし、千葉ロッテ・中日が評価をした。

スポンサーリンク

154キロ記録も

椋木蓮投手は今春も先発で結果が出せず、リリーフで登板しても失点をするケースが見られた。この日の共栄大戦では8回から登板すると最速154キロを記録し、2回で3三振を奪ったものの2安打で1失点し、「点を取られない気持ちで投げたけど、ヒットを打たれて。硬くて高めに浮くボールが多く、良くはなかった」と話した。東京ドームの硬いマウンドに苦労をしていた。

8回は150キロを連発し、スライダー、チェンジアップなどで2者連続三振を奪ったが、9回は3ベースヒットとスクイズで1点を与えた。

それでもこの日視察した千葉ロッテの永野スカウト部長は「両サイドに速い球を投げる投手は魅力。短いイニングなら今のままでも通用する」と評価する。また中日の米村チーフスカウトも「素材は一級品」と素質を評価した。

見ていると球速もしっかりと出て、たしかに球も速く感じられる。しかし、全く手も出ないバッターもいれば、合わせられるバッターもいる。東北福祉大では下級生の時は先発でも結果を見せているが、この春は本人も色々と課題が残ったと思う。それを修正して秋には先発で結果を残せるかがポイントとなりそうだ。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
全日本大学野球選手権(2021)の注目選手一覧
6月7日に開幕する大学野球選手権の注目選手を紹介します。

それでも、椋木の評価はうなぎ上りだ。スリークオーターから鋭く腕を振り、内外角にきっちり投げ分ける投球に、ロッテの永野吉成スカウト部長は「両サイドに速い球を投げる投手は魅力。短いイニングなら今のままでも(プロで)通用する」と評価。先発、抑えの両方をこなせることが最大の魅力である。

4点ビハインドの8回に5番手で登板。150キロ台を連発して両サイドにスライダー、チェンジアップも投げ、連続三振で始まったが、9回には三塁打とスクイズで1失点。打者7人を2安打無四球3三振で「点を取られないで流れを持ってくるつもりで投げたが…。マウンドが堅く直球の高めも多くて良くなかった」と振り返った。それでも中日の米村チーフスカウトは「素材は一級品」と評価。ロッテの永野スカウト部長は「今のままで短いイニングなら十分いける」と話した。

東北福祉大・椋木 自己最速更新154キロ、初戦敗退もプロスカウトに印象残した - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦4試合と2回戦2試合が行われた。今秋のドラフト候補に挙がる東北福祉大の椋木(むくのき)蓮投手(4年)は共栄大との1回戦で救援登板し、自己最速を1キロ更新する154キロを計測。チームは5―9で敗れたものの、全国の舞台で剛速球を披露した。和歌山大は九産大との1回戦で逆転サヨナラ勝ちし、2回戦進出を決めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント