関西学院大・黒原拓未投手がプロ志望届提出、8月30日には約20人スカウトが視察

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

関西学院大の151キロ左腕・黒原拓未投手が、8月末にプロ志望届を提出していたことを明らかにした。阪神などが上位候補としてリストアップしている。

スポンサーリンク

8月30日に約20人スカウト視察

黒原拓未投手は最速151キロの速球を投げる左腕投手として注目され、阪神などがドラフト上位候補としてリストアップをしている。

大学野球選手権でも好投してその力を見せると、今年注目される大学生左腕投手の筆頭格として評価され、8月30日の甲南大とのオープン戦では約20人のスカウトが集まった。その試合の内容は4回2失点だったが、スライダーを「球速、キレが上がった」と自己分析し、この秋の投球に自信をみせていた。

プロ志望届を提出した。秋季リーグ戦は新型コロナの影響で初戦が9月18日の立命館戦となり、例年よりも遅い初戦となる。ドラフト会議が10月11日と早い事から、最後のアピールをする機会が少なくなったが、黒原投手は「気にしてもしょうがない」と話し、少ない機会で目一杯のアピールを目指す。

阪神がドラフト2位での獲得を目指していると見られるが、それを軸に他球団がどのように動くかということになるだろう。2017年のドラフト会議で関西学生リーグの東克樹投手を横浜DeNAが単独1位指名し、翌年にセ・リーグの新人王に輝いている。その前例も踏まえ、1位指名の可能性もあるだろう。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 12球団OKの姿勢を示し、8月30日の甲南大とのオープン戦には約20人のスカウトが視察。4回2失点ながら夏の間に「球速、キレが上がった」というスライダーに好感触を得た。この日に発表された日程変更で初戦は18日(対立命大)となり、10月11日のドラフト会議までアピールの機会は減ったが「気にしても、しようがない」と自然体で挑む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント