京産大・北山亘基投手が152キロ、9球団17人スカウトにアピール

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

京都産業大の北山亘基投手が自己最速を更新する152キロを記録し、視察した9球団17人のスカウトにアピールをした。

スポンサーリンク

初回に更新

秋初戦を迎えた京産大・北山亘基投手は、神戸学院大との試合で先発し、初回にいきなり自己最速を1キロ更新する152キロをキロクした。その後も150キロを連発し威力十分の球を投げた。

3回には得意のフォークで空振り三振を奪うなど力もみせたが、初回と4回にタイムリーヒットで合計2失点、新型コロナの影響でチーム練習ができず、北山投手もこの日は、春のリーグ戦以来の対外試合での登板だった。6回を5安打2失点と納得いくものではなく、「真っすぐで抑え込むスタイルですが、球速ほどの内容を感じられなかった。相手打者がストレート待ちで、変化球を多めにしました。打たせて取りました」と反省した。

それでもこの日視察した9球団17人のスカウトは以下のように評価している。

阪神・熊野スカウト:「春より力感なく投げている。真っすぐは十分抑えられる力がある。力んでボールが散らばることがなくなった。リリースポイントも安定してきていると思う」

巨人・水野スカウト部参与:「真っすぐが強くスライダーもいい」

北山投手も「目に見えて分かるのはスカウトの方が来てくれること。でも、気にしている間はダメ。一番の目的はチームが勝つことです」と話し、意識していた事も明かした。

成績としては良くなかったものの、投球内容は視察したスカウトに十分アピールできるものだったのではないかと思う。次回以降の登板も注目したい。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は9球団17人のスカウトが北山を視察。阪神熊野スカウトは「真っすぐは十分、力がある。春に比べて急に(球が)暴れるのがなくなった。リリースポイントも安定してきていると思う」と評価した。初チェックの巨人水野スカウト部参与は「真っすぐが強くスライダーもいい」と話した。

京産大・北山 9球団17人スカウトの前で自己最速152キロも実らず 神院大・森岡がリーグ戦初勝利 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦2試合が行われ、神院大・森岡大輔投手(4年)が京産大戦でリーグ戦初勝利を挙げた。チームは今春10戦全敗だったため、昨秋以来の白星。勝村法彦監督が今季限りで退任する京産大は今秋ドラフト候補・北山亘基投手(4年)が力投も、今秋初戦を飾れなかった。
ドラフト候補の京産大・北山が自己最速152キロ 9球団の前でアピールも「球速ほどの内容なかった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補の京産大・北山亘基投手(4年=京都成章)が今秋リーグ戦初戦で先発。6回5安打2失点で敗戦投手となったが、初回に球場表示で自己最速を1キロ更新する152キロを計測し、9球団17人のスカウトにアピールした。
京産大・北山 いきなり自己最速152キロ!9球団スカウト陣にアピール/デイリースポーツ online
 「関西六大学野球、神院大2-0京産大」(11日、ほっともっとフィールド神戸) 1回戦2試合が行われ、神院大と大院大がそれぞれ先勝した。京産大は今秋ドラフト候補の北山亘基投手(4年・京都成章)が今季初先発し、6回を5安打2失点と力投したが、打線の援護が得られず神院大に完封負け。大院大は七回に逆転し3-2で龍谷大を下した...
【大学野球】ドラフト候補の京産大・北山亘基が自己最速152キロも6回2失点で黒星発進
 10月11日のドラフト会議で指名候補に挙がる京産大の北山亘基投手(4年)が今季初登板。9球団17人のスカウトが視察する前で、初回先頭打者に球場表示で自己最速を1キロ更新する152キロをマークした。6
京産大が零封負け ドラフト候補のエース北山に9球団17人集結/関西六大学
関西六大学リーグ第2節第1日(神院大2―0京産大、11日、ほっと神戸)京産大は神院大に完封負け。今秋ドラフト指名候補右腕・北山亘基投手(4年)が今秋初戦に先発し…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント