筑波大・佐藤隼輔投手が152キロ記録も右脇腹痛めて降板、12球団21人視察し広島など評価

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

筑波大のドラフト1位候補左腕・佐藤隼輔投手が、自己最速を更新する152キロを記録する投球を見せたが、右脇腹を痛めて途中降板した。12球団21人のスカウトが視察をしていた。

スポンサーリンク

出力が大きく

首都大学リーグの開幕戦となる東海大との試合で先発した佐藤隼輔投手、最速151キロの速球を投げ、大学NO.1左腕と注目されている。

この日は立ち上がりからストレートを8球連続で続け、2番バッターには149キロを3球続けるなど、春よりも球威が増した球を投げた。3回には自己最速を1キロ更新する152キロを記録、球のキレも十分だった。

しかし4回に右脇腹を抑えると、もう1球投げた所で捕手、監督と話して降板した。川村監督は試合後に「おなかのあたりの筋肉の肉離れではないかと思う。やってやるぞというやる気に満ちていた。それが出過ぎてしまって、出力が大きくなり過ぎてしまったのかな」と話した。

スカウトは高評価

それでも3回1/3を投げて3安打5奪三振無失点、この日は全12球団のスカウトが視察、埼玉西武・渡辺GM、東京ヤクルト・小川GM、広島・苑田スカウト部長など各球団トップクラスも顔を見せ、

東京ヤクルト・小川GM:「練習があまりできなかった影響もあるのかもしれないけど、上位候補であることに間違いない。12人に入ってくる可能性もある」

広島・苑田スカウト統括部長:「直球とチェンジアップのキレは和田毅に似ている。12人の中に入ってくると思う」

埼玉西武・渡辺GM:「左投手でバランス良く投げることができる。150キロ以上のボールもあり、上位で来る」

千葉ロッテ・榎アマチーフスカウト:「丁寧に投げている。序盤は外角中心で後半は内角を使って、投球の幅が広い。クロスに入ってくるボールが良かった」

と評価した。

春とは違ったスタイルで秋の投球をみせたが、出力アップに体がついていけない形となってしまった。それでも、短い投球だったが、まだまだ可能性を感じさせた。

肉離れであれば、この秋の登板は難しくなったかもしれない。ドラフト会議までの登板があるかどうかが注目されるが、登板が無くても上位12人に入ってくると思う。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
限界突破の152キロ、筑波大の左腕・佐藤隼輔にスカウト「和田毅に似ている」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 首都大学リーグに所属する筑波大のエース左腕・佐藤隼輔投手(4年)は11日、東海大との秋季リーグ開幕戦に先発し、3回1/3を3安打無失点。12球団21人のスカウトの前で5三振を奪ったが、4回途中で負傷降板し、川村卓監督は「右腹部の筋肉の肉離れじゃないかと思います」と説明した。
【大学野球】筑波大のドラフト上位候補左腕・佐藤隼輔が右脇腹負傷で緊急降板 自己最速更新の152キロも
 筑波大の今秋ドラフト上位候補左腕・佐藤隼輔(4年=仙台)が東海大との開幕戦に先発したが、4回途中に右脇腹付近を痛めて緊急降板するアクシデントに見舞われた。
ドラフト上位候補の筑波大・佐藤隼輔が負傷降板、自己最速152キロも異変 - アマ野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト上位候補の筑波大・佐藤隼輔投手(4年=仙台)が自己最速を1キロ更新する最速152キロをマークしたが、4回途中で降板するアクシデントに見舞われた。初… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント