亜細亜大・岡留英貴投手が6回2安打無失点、巨人・DeNAスカウトが高評価

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

亜細亜大のサイドハンド・岡留英貴投手が、リリーフで6回を無失点に抑える好投をみせ、視察した巨人、横浜DeNAのスカウトも高評価を示した。

スポンサーリンク

6回2安打7奪三振

3回まで5-5という荒れた展開で、4回から登板をした岡留英貴投手は、サイドスローから威力あるストレートと、キレの良い変化球を投げ、青山学院大打線を完全に封じていく。

6イニング目の9回は、リリーフの青山美夏人投手も準備をしたが、「任せる気はなかった」と続投して抑えきった。6回を投げて2安打7奪三振無失点だった。

この投球に、スタンドで視察したスカウトは、

横浜DeNA・河原スカウトディレクター:「腕の位置が合っているんでしょうね。球質がよくなった。指のかかりが良くなって真っすぐが見違える程よくなりました。魅力ありますね」

巨人・脇谷スカウト:「真っすぐに力があるのが何よりも魅力。コントロールも良くなった」

と評価した。

岡留投手は150キロを投げるサイドハンドとして、昨秋の段階で今年のドラフト候補として注目されたが、春は6試合に登板するも制球が悪く、1勝1敗に終わり、「今までで一番悔しいシーズンでした。4年生なのに、全く頼りにならなくて、松本健だけに任せてしまった。本当に申し訳なかったです」と話す。

8月に肘の位置を下げると腕が振れるようになり、秋季リーグ戦初戦の青学戦でも3回を無失点に抑えていた。

亜細亜大からは、昨年秋に平内龍太投手が一気にブレークし、ドラフト1位で巨人に指名されている。岡留投手もリリーフを求める球団を中心に、一気に人気がでてきそうで、ドラフト3位くらいで指名されるかもしれない。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
亜細亜大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

生田勉監督(55)は「出来過ぎですね」と称賛。スタンドで視察したDeNAの河原スカウトも「腕の位置が合っているんでしょうね。球質がよくなった。指のかかりが良くなって真っすぐが見違える程よくなりました。魅力ありますね」と評価した。

大学最後のシーズンに向けてリリースポイントを修正した。スリークオーターとサイドの間ぐらいにし「真っすぐの質が良くなって空振りが取れるようになった」と岡留は胸を張る。この日はスライダーのキレも良く、プロではセットアッパー向き。巨人の脇谷スカウトは「真っすぐに力があるのが何よりも魅力。コントロールも良くなった」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント