中央大・古賀悠斗選手に12球団から調査書、「大学に進んで本当に良かった」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

大学NO.1捕手・中央大の古賀悠斗選手に12球団から調査書が届いている事がわかった。高校時も侍ジャパンU18代表でマスクを被るなど注目されたが、「大学に進んで本当に良かった」と話す。

スポンサーリンク

どんな雰囲気になれば勝ちにつながるのか

古賀悠斗選手は福岡大大濠で三浦銀二投手とバッテリーを組み、甲子園にも出場すると、侍ジャパンU18代表でも共に選出され、W杯を戦った。

高校通算52本塁打を放ち、打撃も肩もある捕手としてプロも注目した。古賀選手もプロを目指したいという思いもあったというが、捕手に転向したのは高校2年になってからで捕手としての経験がまだ少なく、大学で捕手として経験を磨くことを選択した。

中央大では牧選手や五十幡選手などプロに進んだ先輩がおり、2年秋には東都リーグを制覇した。正捕手として活躍し、「どんな雰囲気になれば勝ちにつながっていくのか・そうした経験をできたことも大きかった」と話す。

4年になると主将を務め、春は打率.341に3本塁打を放ち、ベストナインを獲得した。この秋は主将としても個人成績でも苦労をしているが、12球団から調査書が届き、ドラフト上位指名の声も聞かれる。「大学に進んで本当に良かった」と話す。

三浦投手も法政大でドラフト注目候補となっている。「ずっと連絡を取り合っています。試合も見に行くし、来てくれる。あいつが頑張ってるから自分も頑張れる」と大切な存在だ。その三浦投手とは3月のオープン戦で対戦したが、「プロでも勝負できれば」と話す。

2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
阿部級の扇の要・古賀 西日本スポーツ紙面 2021/10/8

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント