巨人が水野新スカウト部長など5人態勢で京産大・北山亘基投手を視察、全体で6球団が視察

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人は7日にスカウト部長に就任した水野氏など5人で、京産大の153キロ右腕・北山亘基投手を視察した。

スポンサーリンク

いい投手

京産大の153キロ右腕・北山亘基投手はこの日、大阪経済大戦に先発すると、9回7安打無四球1失点の好投を見せ勝利した。今季は好投しながらも勝ち星に恵まれなかったが、ようやく初勝利を挙げた。「就活の一環。勝っている姿を見せられた。主将としても苦しい状況で耐えてきた」と話し、ドラフト直前の勝利に胸をなでおろした。

この日は阪神など6球団のスカウトが視察したが、巨人は水野新スカウト部長以下5人態勢で視察をした。「いい投手。直球も変化球もまとまっている。」と評価した。水野氏は以前も北山投手を視察しており、あらためての視察となるが、「勝つところを見られて良かった」と話した。

巨人、そして水野スカウト部長の北山投手に対する評価は高いと見られ、ドラフト2位までに指名する可能性が高いと見られる。

読売ジャイアンツのドラフト指名予想
読売ジャイアンツ公式ページ 読売ジャイアンツドラフト掲示板 読売ジャイアンツ過去のドラフト指名 読売ジャイアンツ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイント分析 ...
2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。

巨人は最多5人態勢で、水野新スカウト部長は7日の就任から2日続けてドラフト候補選手を視察。「いい投手。直球も変化球もまとまっている」と最終チェックに余念がなかった。

阪神など6球団が最終チェック。巨人の水野雄仁スカウト部長は「勝つところを見られて良かった」と満足げに球場を後にした。

ドラフト候補の京産大・北山亘基が今季初勝利 ドラフト前最後のアピール投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補で最速153キロ右腕の京産大・北山亘基(4年=京都成章)が11日のドラフト会議までラストとなる先発登板。115球を投げ7安打無四球で1失点完投し今季初勝利を挙げ、最終アピールに成功した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント