早稲田大、主将・中川卓也選手、副将・蛭間拓哉選手の布陣、中川選手は二塁手転向も

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

早稲田大は来年度のチームの主将に中川卓也選手、副将に蛭間拓哉選手が就任することが発表された。また、中川選手は二塁手に転向する。

スポンサーリンク

二塁手が主将

東京六大学ではすでに、立教大が二塁手の山田健太選手、法政大も二塁手の斎藤大輝選手、明治大も二塁手の村松開人選手が主将に指名されており、共に二塁手の強打者としてドラフト候補としても注目されている。

この日、早稲田大は主将に中川卓也選手を選んだことを発表した。中川選手は今秋はサードで出場をしており、大阪桐蔭時代も一塁手と三塁手としても出場しているが、小宮山監督は、二塁転向を示唆した。中川選手は「二塁はほとんど初めて。まずはチームが勝つこと。目標は慶応に勝ってリーグ優勝、日本一」と話した。

今秋は上位打線を打ち、早慶戦では1番を任された。打率.333、7打点と結果を残し、来年のドラフト候補としても注目される。山田選手、斎藤選手、村松選手など、東京六大学の内野手に注目選手が集まる事になりそうだ。

また、早稲田大は副将に蛭間拓哉選手が就任する。こちらも勝負強い打撃が魅力で、中川選手とは共に侍ジャパンU18代表を経験しており、早稲田大でも打撃でチームを引っ張る。こちらもドラフト候補として来年は注目されそうだ。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年ドラフト候補一覧
2022年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価もご覧ください。
早大・中川新主将、目標は「リーグ優勝&日本一」/東京六大学
東京六大学リーグの早大は13日、中川卓也内野手(3年、大阪桐蔭高出、写真)が新主将に決まったと発表した。小宮山悟監督(56)は今秋のリーグ戦で三塁手としてベスト…
【大学野球】早大の新主将に中川卓也 大阪桐蔭の18年甲子園春夏連覇時の主将
 東京六大学リーグの早大は13日、来年度の主将を中川卓也内野手(3年=大阪桐蔭)が務めると発表した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント