DeNAドラフト3位・粟飯原龍之介選手が契約金5000万円、年俸610万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト3位で指名した東京学館の粟飯原龍之介選手と、契約金5000万円、年俸610万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

高い身体能力

粟飯原龍之介選手は180cm85kgの遊撃手で、高校通算33本塁打の長打力と、50m5.9秒の俊足を持つ身体能力の高い選手で、担当した吉見スカウトは「どんな球にも対応力がある。楠本泰史に似ている。コンタクト能力に魅力。ポテンシャルが高い。鍛えてよくなる」と評価し、球団もドラフト3位で指名をした。

小学校1年から野球を始め、中学では成田シニアでプレーをしたが、小学校ではバスケ、駅伝、陸上で、中学時はバレーボールの部活で活躍し、いろんなスポーツを経験して体の使い方を磨いてきた。

仮契約をしたこの日、粟飯原選手は「あらためてプロ野球選手になる実感がわきました。とてもうれしい。いろいろな人に、あいつすごいなと憧れられる選手になりたい」と話した。

憧れの選手は福岡ソフトバンクの柳田選手、「足も速く打撃も凄いからです。将来的には僕も憧れられるような選手になりたい」と話す。今年の高校生遊撃手ではトッププレーヤーとして評価している。2019年ドラフト1位の森敬斗選手がショートで活躍をし始めているが、まずは森選手に追いつきたい。

2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

進藤達哉編成部長、河原隆一スカウティングディレクター、吉見祐治スカウトが同席した。吉見スカウトは「どんな球にも対応力がある。楠本泰史に似ている。コンタクト能力に魅力。ポテンシャルが高い。鍛えてよくなる」と評価していた。

DeNAドラ3・粟飯原が仮契約 ソフトB・柳田に憧れ「足も速く打撃も凄い」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAドラフト3位指名の東京学館の粟飯原(あいばら)が千葉県成田市内で入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸610万円で仮契約を結んだ。
異次元の身体能力を持つDeNA3位・粟飯原が目指すはギータ
■契約金5000万円、年俸560万円で合意 DeNAからドラフト3位指名された粟飯原(あいばら)龍之介内野手(17)=東京学館高=が13日、千葉・成田市内のホテ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント