近大・大石晨慈投手が10奪三振完封勝利、阪神など8球団スカウト視察

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西学生リーグは近畿大vs立命館大の2回戦が行われ、プロ注目の150キロ左腕・大石晨慈投手が9回5安打10奪三振で完封勝利を挙げた。

スポンサーリンク

最速は143キロ

この日は最速は143キロだった大石晨慈投手だが、カットボール、カーブ、チェンジアップなどの変化球で立命館打線を翻弄し、四球も1つと制球力も抜群だった。9回を投げて5安打10奪三振完封で1−0で勝利し、「慌てることなくしっかり投げられた。崩れる時は無駄な四球が多いので、それがなかったことがよかった。今日に照準を合わせてきたので、うまく投げられたと思う」と話した。

この日は阪神など8球団のスカウトが視察し、前日に好投を見せた久保玲司投手に続いて、大石投手の投球もチェックし、中日の山本スカウトは「常にコントロール良く投げられている」と評価した。

昨年の侍ジャパン大学代表候補合宿での投球は、やや制球が荒れている印象だが、変化球を使って抑えるというスタイルで決め、制球力で勝負できる点は能力を感じる。まずはこのスタイルの投球をしっかりと見た上で、180cm90kgと体のある左腕投手だけに、球速のポテンシャルについても見せることができれば、さらに評価は上がってくると思う。

大石投手は「投げた試合は全部ゼロで抑えて勝って、防御率は0点台」と言う目標を立て、プロ入りを目指してアピールを続ける。

2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
近大・大石が完封劇!余力残し5安打10奪三振の快投 8球団スカウトにアピール/デイリースポーツ online
 「関西学生野球、近大1-0立命大」(3日、わかさスタジアム京都) 第1節の2回戦が2試合行われ、近大が立命大を下して2連勝し、勝ち点を獲得した。今秋ドラフト候補左腕の大石晨慈投手(4年・近大付)は、5安打10奪三振の好投で自身大学初完封。四球もわずかに1と、阪神など8球団のスカウト陣の前でアピールした。第2試合は関大...

8球団のスカウトが見守る中、最終学年としての成長を見せつけた。大石がリーグ1番乗りの勝ち点を呼び込む完封劇。「慌てることなくしっかり投げられた」と余力を残しての快投だった。

 「崩れる時は無駄な四球が多いので、それがなかったことがよかった。今日に照準を合わせてきたので、うまく投げられたと思う」

ドラフト候補の大石が5安打完封! 連勝の近大が勝ち点一番乗り - スポニチ Sponichi Annex 野球
 近大が立命大を下して開幕2連勝。リーグ一番乗りで勝ち点を獲得した。

直球の最速こそ143キロにとどまったが、初回から最終回まで常時130キロ台後半から140キロ台前半で安定。右打者へ対して外に逃げるように落ちるチェンジアップが有効で、タイミングを完璧に外した。打者としても8回2死走者なしから右越え三塁打。次打者の適時打で生還し、決勝のホームを踏むなど投打で独り舞台の活躍だった。

【大学野球】近大のプロ注目左腕・大石晨慈がリーグ戦初の完封 8球団スカウトが視察
 近大のプロ注目左腕・大石晨慈(4年)がリーグ戦初の完封勝利を飾り、近大は2連勝で勝ち点1を獲得した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント