白鴎大の151キロ左腕・曽谷龍平投手が9回5安打2失点完投、10球団視察し中日が評価

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

関甲新リーグでは白鴎大の151キロ左腕でプロが注目する曽谷龍平投手が登板し、作新学院大を9回5安打2失点に抑えて完投勝利した。この試合には10球団のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

初回に151キロ

曽谷龍平投手は初回から151キロを記録するなど、力強いストレートで作新学院大を圧倒、5回までパーフェクト投球を見せた。

6回の先頭打者にヒットを許し、1アウト後にタイムリー2ベースヒットを浴びて1失点、その後も1失点をしたものの、9回を投げきり2失点で完投勝利、結果を残した。「6回先頭に打たれ、あれっという感じで9番打者に打たれてしまった。スタミナは問題なく、ああいう場面をもうちょっとじっくりと」と反省した。

この日は10球団のスカウトが視察をしたが、中日の正津スカウトは「1回から151キロの直球を投げられる左腕。バランスもいい」と評価した。

昨年秋の侍ジャパン大学代表候補合宿にも参加しており、大学屈指の左腕投手として注目される曽谷投手、この日の投球が球団上層部に報告され、今後、各球団の首脳クラスが視察することになりそうだ。

昨年のドラフト会議で左腕投手が上位で多く指名され、各球団で既に戦力として投げている。今年も日体大の矢澤投手、そしてこの曽谷投手がそのような感じになりそうだ。

2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ドラフト候補の白鷗大左腕・曽谷が2失点完投 注目投手陣の作新学院大を圧倒/関甲新学生
関甲新学生野球春季リーグ戦第1週第1日(白鷗大4-2作新学院大、1回戦、9日、白鷗大球場)今秋ドラフト上位候補に推される白鷗大の最速151キロ左腕・曽谷龍平投手…

国内10球団のスカウトの視線を集めた中、曽谷は一回から151キロの直球を投げ込み、五回まで〝完全試合ぺース〟。六回先頭に初安打され、1死後に左中間に適時二塁打を浴び、その後1失点を失ったが完投し、チームを好発進させた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント