東海大札幌・渡部雄大投手がノーヒットノーラン、1988年に記録した阪神・葛西スカウトが評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

東海大札幌の渡部雄大投手がノーヒットノーランを達成した。

スポンサーリンク

1988年に記録達成の阪神・葛西スカウトの目の前で

渡部雄大投手は低めのストレートにカーブ、カットボール、ツーシーム、スライダー、フォーク、チェンジアップと多彩な変化球を投げ、今春は6勝0敗の成績を納めて全国の舞台を踏んだが、その全国の舞台で大記録を成し遂げた。

自己最速は144キロで、この日も130キロ中盤から後半のストレートだった。しかし、ストレートは高めに浮かず、右打者の内角低めに少し食い込む感じで決まった。多彩な変化球で相手打者も絞りにくく、環太平洋大打線が沈黙した。

四死球は4つ、エラー1つでランナーを背負って投げる場面も多かった。また9回2アウトからは3ボールにしたものの、そこからストライクを奪い続け、最後は三振で大記録を達成した。9回ノーヒット8奪三振4四死球、見事な投球だった。

大学野球選手権でのノーヒットノーラン達成はこれまで7人(完全試合4)が達成しており、前回は近大工学部の久保田高弘投手が2011年に達成している。1988年には法政大だった葛西稔投手が達成しているが、この日は阪神のスカウトとしてこの試合に立ち会った。

葛西スカウトは「テークバックが小さくて、出どころが見えにくい。縦のカーブとチェンジアップの抜けがよかった」と話し、渡部投手を評価した。

2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大学野球選手権(2022)の出場決定速報
大学野球選手権大会(6月6日~12日)に出場するチームと、主な注目選手を簡単にまとめます。
東海大札幌・渡部雄大 知らぬ間にノーノ―達成「“完封だぁ!”と思いながら喜んだんですけど」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦7試合と2回戦1試合が行われた。東海大札幌の渡部雄大投手(4年)は環太平洋大との1回戦で大会史上7人目の無安打無得点試合を達成。最速144キロながら3年秋終了時点でリーグ戦1勝止まりで無名だった左腕が全国の舞台で躍動し、ドラフト候補に急浮上した。佛教大の最速143キロ右腕・山本奨人投手(3年)は7回途中まで完全...
東海大札幌・渡部雄大ノーノー達成 史上7人目快挙に「鳥肌」 監督誕生日にプレゼン投/デイリースポーツ online
 「全日本大学野球選手権・1回戦、東海大札幌2-0環太平洋大」(7日、神宮球場) 1回戦7試合と2回戦1試合が神宮球場などで行われ、東海大札幌の渡部雄大投手(4年・東海大甲府)が環太平洋大相手にノーヒットノーランを達成した。第60回大会で近大工学部の久保田高弘投手が名桜大戦で達成して以来、7人目の快挙(うち4人が完全試...
東海大札幌・渡部雄大、気づかずノーヒッター達成! 大会7人目快挙/全日本大学選手権
史上7人目の快挙はヒーローインタビューまで知らなかった。九回2死。最後の打者を直球で見逃し三振に斬った渡部は、柔和な表情でチームメートと勝利のハイタッチを交わし…
【大学選手権】東海大札幌・渡部雄大ノーヒットノーラン 高校時代の恩師・村中秀人監督が現地で観戦「本当にうれしかった」
 東海大札幌の左腕・渡部雄大投手(4年)が環太平洋大戦(神宮)で史上7人目となるノーヒットノーランを達成。高校時代に渡部を指導した東海大甲府高(山梨)の村中秀人監督(63)が和泉淳一部長(49、現東海
今秋ドラフト候補が「トリハダ」東海大北海道・渡部雄大、史上7人目ノーノー 大学野球選手権 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東海大北海道(札幌学生)の今秋ドラフト候補左腕・渡部雄大投手(4年=東海大甲府)が大会史上7人目のノーヒットノーランを達成した。11年に近大工学部・久保田高弘… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント